珠海から下川島への新バスターミナル

珠海拱北は、高速鉄道の駅を建設するための大工事の真っ最中。
口岸に向かって右手に、巨大なウイングのような建造物の骨組みが見える。
プラットフォームの屋根のよう。

zhuhai_gongdi


拱北の再開発に伴って、下川島へのアクセスの起点だった信禾バスターミナルも、来魅力酒店の前に移転。
迎賓大道のすぐ西側。
マカオからボーダーを越えて来たら、広場を過ぎて左手。


bus.jpg


台山山咀へのバスの時刻は、変更なしだった。

shanzu


料金は上限価格75元、現在価格70元と表示されていた。


◇◇


バスターミナルの前で、白タクに、「台山山咀か?」と声をかけられた。
ちなみに、このバスターミナルからは、台山山咀のほかにも省内外へ100路線以上のバスが出ている。
僕の風体から日本人と見て、「日本人なら下川島か?」、と思ったよう。
下川島に行く日本人て、そんなに多いのだろうか。
最近行っていないので、現地の状況がわからない。

個人的にはもしまた下川島に行くなら、シーズンオフの冬がいいかな。
女の子も、夏のハイシーズンに集まっている娘たちよりのんびりしていたように感じる。
ただし、王府洲旅遊区あわせて十数人程度しかいないようなので、ストライクゾーンが狭い人には向かないかも。


◇◇


ついでに、このバスターミナル発の、珠海から常平、大朗、樟木頭、東莞バスターミナル、恵州、広州などへの各バスの時刻表も載せておきます。


zhuhai_jiaotong


ちなみに、ここのバスターミナルの窓口で単に「常平」と言うと、常平の東莞東駅経由、樟木頭行きのバスのチケットを渡されることがある。
常平の市街地に行きたい場合、東莞東駅で降りると、後がやや面倒。
東莞東駅から常平の中心地へは、タクシーで数十元。
路線バスなら東莞東駅から東莞駅まで2元だけど、途中の工場街を回っていくので30分近くかかる。

また、ここのバスターミナルから出るバスの多くは、珠海の香洲バスターミナルを経由するので、珠海市街を抜けるまでに時間がかかる。

珠海から常平へ行くならば、やはり、ホイメイの前で降ろしてくれる中旅のバスで行くのが圧倒的に便利かと。

ベトネベートスカルプ