スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠海から下川島への新バスターミナル

珠海拱北は、高速鉄道の駅を建設するための大工事の真っ最中。
口岸に向かって右手に、巨大なウイングのような建造物の骨組みが見える。
プラットフォームの屋根のよう。

zhuhai_gongdi


拱北の再開発に伴って、下川島へのアクセスの起点だった信禾バスターミナルも、来魅力酒店の前に移転。
迎賓大道のすぐ西側。
マカオからボーダーを越えて来たら、広場を過ぎて左手。


bus.jpg


台山山咀へのバスの時刻は、変更なしだった。

shanzu


料金は上限価格75元、現在価格70元と表示されていた。


◇◇


バスターミナルの前で、白タクに、「台山山咀か?」と声をかけられた。
ちなみに、このバスターミナルからは、台山山咀のほかにも省内外へ100路線以上のバスが出ている。
僕の風体から日本人と見て、「日本人なら下川島か?」、と思ったよう。
下川島に行く日本人て、そんなに多いのだろうか。
最近行っていないので、現地の状況がわからない。

個人的にはもしまた下川島に行くなら、シーズンオフの冬がいいかな。
女の子も、夏のハイシーズンに集まっている娘たちよりのんびりしていたように感じる。
ただし、王府洲旅遊区あわせて十数人程度しかいないようなので、ストライクゾーンが狭い人には向かないかも。


◇◇


ついでに、このバスターミナル発の、珠海から常平、大朗、樟木頭、東莞バスターミナル、恵州、広州などへの各バスの時刻表も載せておきます。


zhuhai_jiaotong


ちなみに、ここのバスターミナルの窓口で単に「常平」と言うと、常平の東莞東駅経由、樟木頭行きのバスのチケットを渡されることがある。
常平の市街地に行きたい場合、東莞東駅で降りると、後がやや面倒。
東莞東駅から常平の中心地へは、タクシーで数十元。
路線バスなら東莞東駅から東莞駅まで2元だけど、途中の工場街を回っていくので30分近くかかる。

また、ここのバスターミナルから出るバスの多くは、珠海の香洲バスターミナルを経由するので、珠海市街を抜けるまでに時間がかかる。

珠海から常平へ行くならば、やはり、ホイメイの前で降ろしてくれる中旅のバスで行くのが圧倒的に便利かと。

スポンサーサイト

下川島2 (行き方)

下川島へは、広東省台山市の山咀港から船に乗って行く。

日本から行くのなら便数の多い香港空港を経由するのが便利。香港空港に着いたら、フェリーでマカオか珠海に移動し、珠海市のゴンベイのバスターミナルから山咀港までは高速バスで行く。そこからは船。

交通機関

珠海とマカオの国境ゲート付近には3つの長距離バスターミナルがある。
山咀港へのバスは、そのうちの1つ「信禾拱北通大客運站」から出る。

下川島へのバスターミナル

香港から珠海までフェリーで来た場合は、下船した九洲港からタクシーに乗り「信禾拱北通大客運站」と書いたメモを運転手に見せれば10分程度でバスターミナルまで行ってくれる。値段は15元くらい。

香港からマカオ経由で陸路でボーダーを越えて珠海に入った場合は、ボーダーの建物を出て右手にあるバスターミナルが「信禾拱北通大客運站」。道路を渡った向かいにも大きなバスターミナルがあるので、間違えないように。目指す「信禾拱北通大客運站」は、ボーダーから見て、道路の手前にある


【追記 2012.6】 信禾拱北通大客運站は、来魅力酒店の前に移転しました。
こちらの記事を参照ください → 下川島への新しいバスターミナル


珠海のバスターミナルから山咀港までは、「台山山咀 沿海高速」と書いてあるバスで行く。毎日6便ある。高速道路を走って2時間半程度。

8;15 10:30 11:30 12:30 13:30 15:05

なお、単に「台山」とだけ書いてあるバスは、山咀港から遥か離れた台山市の都心に連れて行かれてしまうので、決して乗らないように。「台山山咀 沿海高速」というバスならば、下川島への船の出る山咀港までノンストップで連れて行ってくれる。このバスを終点で降りると、目の前が下川島へのフェリーターミナルなので、迷いようがない。

台山のフェリーターミナル


入って左側のチケット売り場で、下川島へのチケットを買う。確か40元だったと思う。窓口と乗船口は、下川島と上川島で別れている。間違えて上川島行きのチケットを買わないように。

【追記】ターミナルの改修により、チケット売り場は入って右側、乗船口は左側になりました。また、船賃はたぶん値上がりしていると思います。

下川島への船は、夏季ならば朝8時30分から夕方18時30分まで原則1時間おきにあることになっているけれど、中国のことなので、あまり当てにせず、早め早めに動いた方がよいと思う。

最近は、下川島を訪れる日本人男性がやたら多いので、フェリーターミナルの案内板には、上の写真のとおり、
「お手洗い」
などと日本語が併記してある。
ただし、日本語が話せる人はフェリーターミナルにも下川島にも基本的にいない。

下川島への船は50人乗りくらいで、キャビンにはエアコンも付いている。
海はきれいだが、航行中は甲板に上がれないので、汚れた窓越しに見えるだけ。
南国の海を、約10キロ、30分ほどで、下川島に着く。

下川島の港


下川島に着いたら、周りの人に従って移動し、マイクロバスに乗る。料金は10元。バスはごく普通の農村を20分くらい走り、終点が「王府洲海浜旅行中心」の正門前の駐車場。
ここで入場料40元を払って、徒歩でリゾートエリアの中に入る。

【追記】入場料は65元に値上げになったらしいです。

下川島の港から「王府洲海浜旅行中心」までバイクタクシーで行く方法もある。こちらは20元くらい(交渉による)。ただし、危ないのでお勧めはしない。

下川島のバイクタクシー

なお、下川島への行き方は、下のガイドブックでも説明されている。
(画像をクリックで楽天ブックスの紹介サイトにリンク)




下の写真は、「王府洲海浜旅行中心」の入り口にある案内板。
ピンクで表示されている建物の殆どがホテル。

下川島のバイクタクシー

案内図を見て判るとおり、ビーチの背後にホテルが並んでいて、あとはレストランなどの飲食店と食料品店、雑貨屋があるくらい。リゾートとはいっても、おしゃれな店は1件もない。住み着いている女の子が多いので、女性服を売る小さな店は数軒ある。

エリアの中は、こんな感じ。

王府洲の町並み

ホテルはどこもたいしたことない。そのわりに、宿代は安くない。いわゆる観光地価格である。オフシーズンには宿代は暴落し、概ね100元台と安くなる。ハイシーズンはその倍以上。ハイシーズンの週末はそのさらに1.5倍以上になる。

ホテルは予約がなくても泊まれる。探せばどこか見つかる。フロントに行って、値段を聞いて決めればよい。


ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。