スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行に行きたい

久しぶりに中国を旅したいと思っています。
ここ数年、中国に行くのは出張か、もしくは風俗目的の旅行。たまにはそういうのでない普通の旅がしたいなぁ、と。
ゴールデンウイークは他の予定があるので、夏休みに旅行に行こうかな。

ブログには中国の旅行の話はほとんど書いていませんが、僕はむかしから中国国内をわりと旅行しています。
中国では、何年か前まで、年に3回も7連休がありました。春節と労働節と国慶節です。この連休を利用して、飛行機と鉄道、長距離バスを組み合わせて、せっせと中国を旅していました。

おおむね中国の東西南北を旅しましたが、残念ながら、まだチベット自治区には行ったことがありません。
パーミット(入境許可証)が取れなかったからです。

一応説明しておくと、外国人がチベット自治区に入るには、中国ビザの他にチベット旅行局が発行する入境許可証(TTBパーミット)が必要です。チベットは政治的に微妙な状況にあるので、外国人の訪問をコントロールするための政策です。
このTTBパーミットの発行条件は、そのときどきの政治状況によってころころ変わります。

僕がかつてチベット旅行を計画していた頃は、チベット各地で暴動があったりして当局が警戒していたので、個人旅行者にはパーミットは発行されていませんでした。

が、先日、ネットを見ていたら、こんなブログを見つけました。

  KEIKI* PORORI 俺らチベット行けるってよ。

この記事によると、今は、日本人の一人旅でもパーミットが取れるらしい・・・

なんだそれ?
チベットのパーミットは、建前としては「ツアーに参加」という形式になります。したがって、人数がまとまらないと発行されません。ひとり旅の場合は、成都などのゲストハウスで仲間を探して、一緒に申請することになります。

ところが、今は、そんな建前もなくなってしまい、ひとりでも発行してくれるらしい。
チベットの入境条件がこれほど緩くなったことは、いままでなかったんじゃないだろうか。
去年の4月の情報なので今はもう変わっているかも知れませんが、これはトライしてみる価値がありますね。

しかしまた、こんな残念な情報も。

パーミットの取得の際に、ホテルや移動手段、ガイドの名前、チベットへの入境手段、時間、旅行路線を事前に報告する必要があります。(中略)
以前は一旦チベットに入域してしまえばあとは自由に行動ということもできましたが、最近は厳しくなりそういったことも一切できなくなりました。ガイドがいないと観光地でチケットも売ってもらえないこともあります。
チベット旅行パーミットについて(西安中信国際旅行社)


つまり、パーミットは貰えるれど、事前に申請して許可された旅程どおりに行動しなければならず、しかも外国人専門の観光ガイド(※注:監視役とも言う)の同行のもと、粛々と観光地をまわることになるようです。

むかしは、パーミットをとっていったんチベットに入ってしまえば、あとは行く先々の都市で外国人旅行許可証を申請するだけで自由に個人旅行できました。しかし、今はもうそんな緩いことを許す状況ではないようです。

そんなに不自由な旅行なら、やめておこうか...
もう少し状況の好転を待ってからにしたほうがよさそうです。
あと10年くらい待ったら、個人で好きなようにチベットをぶらぶらできるようになるだろうか?

ちなみに、僕はチベット自治区には行ったことがありませんが、チベットには行ったことがあります。
今の地図上の「チベット自治区」は、中華人民共和国政府が決めた行政区画としての「チベット自治区」です。
文化圏としての「チベット」はそれより広く、青海省のほぼ全域と四川省の東北部分は実質的には完全なチベットです。

塗り絵をしてみました。

20160411_1315920541.png

緑は行政区画としてのチベット自治区。
その上の紺色に塗った青海省は全域がチベット文化圏です。
四川省の東部(青色)、甘粛省の一部(黄緑)、雲南省の一部(オレンジ)も、チベットです。
色付けしたエリアは、いずれも本来はチベット人の土地です。

チベット自治区以外のチベットには何度か足を踏み入れているので、チベット的な雰囲気はすでに経験済みです。町の雑貨屋の前で、チベットの民族衣装を来た女の子がアイスキャンデーを買い食いしていたりするんです。
ラサの有名なお寺までいかずとも、チベットの空気は十分あじわえます。

で、今考えている旅行先についてですが、成都から北上して甘粛省の蘭州を目指そうかな、と思っています。
バスを乗り継いで3日程度のこのルートは、バックパッカーの教科書に出てきそうな超メジャーなルートです。途中に有名な観光地「九寨溝」があるので、道も比較的整備されているし、バスの便も悪くありません。



4000メートル級の高原や山岳地帯を経由するので、ダイナミックな景観が待っているはずです。
途中に、2008年の四川大地震の被災地「汶川」があります。その復興の様子を見てみたい、というのも、このルートを旅してみたい理由のひとつです。

あとは、時間がとれるかどうか、ですね。
スポンサーサイト

香港エクスプレス セール延長中

香港エクスプレスがセールをしていたので、羽田・香港往復を予約しました。
座席指定オプション込みで、総額16880JPYなり。

それはいいんですが、予約確認メールが重複して3通も届いた。

hongkongair2.jpg

すべて同文。

「なんで二回言うねん」
という関西風の突っ込みを思い出した。
こんなシステムつかってて大丈夫なのか香港エクスプレス。

さて今回のセールは本来28日までの予定だったが、急遽30日まで延長された。本来の最終日28日夜の時点で、来年春以降の羽田・香港往復11000円(総額16000円程度)のチケットがたくさん残っていた。思いのほか売れ行きが悪かったのかも。
(追記:セールはすでに終了済み)

現在ピーチもセール中だから、その影響もあるのかな。

オプションの組み合わせから成るLCCの料金体系は、荷物の少ない僕にはうれしい。他人の荷物の運搬代を負担させられない公平感がよい。
当方、
「荷物が少なすぎる」
と税関で難癖つけられるくらいの身軽さなので。

数年前、北京から中国国際航空で成田に戻ったときのこと、珍しく税関で見咎められた。普段は10秒かからず通過している場所である。
「お荷物はそれだけですか?」
僕の荷物はA4ファイルが入るくらいのPorterの黒い小さなバッグだけ。パンツとTシャツと靴下のスペアが入っている。洗剤も。
「何日のご旅行でしたか。」
「よくそのくらいのお荷物で旅行されるんですか?」
当方が軽装であることが気になるらしい。不信感を隠そうとしない係員。
「体を触らせていただいていいですか。」
女性係員がカウンターから出てきて、服の上からすりすりとボディチェック。フロアに立つ係員の視線がこちらに集まる。
「服の下に何か入れたりしてませんよね。」
くだらない冗談で返そうかとも思ったが、面倒になりそうなのでやめておいた。

あとでネットで調べたら、荷物が多すぎたり、逆に極端に少ないのは、税関のマニュアル上、要チェック人物の範疇になるらしい。
しかし当方、たたかれても埃なんてでない。

ちなみに、普段はプライベート旅行でも20ℓくらいのデイパックを持ち歩いている。広州のデパートで買ったデイパックで、もう8年くらい使っている。この大きさの荷物を持っていれば何も言われない。

話を香港エクスプレスに戻します。
いつのまにか、香港・台中に便ができていた。片道総額1万円以下。日本台湾間はとても安く移動できるから、組み合わせるとちょうどよい周回ルートになりそうだ。今度検討してみよう。




春運

今頃中国は春運まっただなかだと思います。

中国のこの季節、僕は結構好きです。
日本の年末と同じで、気ぜわしいながら、なにかわくわくする気分も少しある。なにを期待しているのかわからないんですが。そんな雰囲気です。

人民日報ウェブ版(日本語版)の記事のこの一節、

今年も「春運(旧正月の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)」という年に一度の大芝居の幕が開いた。その内容は、「実家に帰省して新年を祝う」というシンプル極まりないもので、中国人ひとりひとりが「主役」となり、延べ36億2300万人が40日間にわたる「世界最大規模の人口移動」を演じる。
http://j.people.com.cn/94475/8515946.html


春運について書かれた記事の冒頭部分ですが、さらっと書いてあるけれど、なんだか良い文章だなぁ、と少し感傷的になってしまった。
いろいろな人のことを思い出しました・・・

ところで、この春運。メディアでは民族大移動だ、人の波だ、と大仰に書き立てますが、実際にその「大移動」に参加してみると、メディアが騒いでいるほどの非常事態でもないです。

まず、36億人の移動、ということですが、そのうち鉄道輸送分は延べ2億5800万人程度。
あの広大な中国の全土で、40日間で、この程度です。

ちなみに、中国の長距離鉄道の総延長は2013年に10万キロを越え、日本のJR(約2万キロ)の5倍以上です。
日本のJRの年末年始10日間の新幹線・特急急行の輸送客数は1200万人程度。
単純計算すると、キロ数あたりの1日あたり旅客人数は日本も中国もそうかわりません。

鉄道以外の交通機関の利用者(延べ30数億人)は、比較的近距離(数キロ~数百キロ程度)をバス移動しているのだと思います。この「延べ人数」には最寄りの鉄道駅から農村までの往復移動なども含まれます。
中国では都市間バスは正規非正規あわせて無数にあるので、この程度はなんとか捌けてしまいます。

日本では短い期間にみんな一斉に動きますが、中国では日本ほど人々の社会生活が均質化されていないので、早めに帰省したり遅めに都市に戻ったりする人も多いです。だから鉄道の年末年始特別ダイヤの期間が40日間に設定されています。
人が動く期間が長いので、混雑は分散されます。


実際に見てみます。

オンラインで汽車の切符を検索してみると、

広州 → 永州(湖南省)

という、もっとも混雑しそうな典型的帰省ルートのチケットの状況は、


chunyun1.jpg


1月30日(大晦日)の硬座のチケットが今でも入手可能です。
その前の数日間は満席になっていますが、大晦日の汽車に空き席があることから考えて、おおむね何とかなっているのだと思います。


次に、飛行機の帰省チケットの状況を見てみると。

広州 → 貴陽(貴州省)

のエアチケットの状況は、

chunyun2.jpg

ガラガラです。

中国では、国内線のエアチケットにも割引運賃があり、ほぼすべての便に数ランクの割引料金が設定されています。
広州→貴陽の定価は960人民元。
上の検索結果を見ると、定価で売られているチケットはありません。

大晦日の便は380人民元。つまり6割引です。
その前の数日間はややタイトですが、それでも定価より安く購入できます。
つまり、かなり席に余裕がある、ということです。


実際にこの時期の中国を旅行した感覚としても、メディアが騒ぐほどの状況はないように思います。
ニュース映像は、ごったがえす駅の様子を映し出しますが、あれはそういう撮り方をしているわけで。

沖縄の米軍基地前のデモの報道と同じです。ニュースの映像では数百人のデモのように見えるけど、実は数十人しかいないとか・・・
そこまででっち上げではないにしろ、実際に行ってみれば、十分普通に行動できる状況です。

いざとなれば一晩立っていく(あるいは床に座っていく)覚悟があれば、どこにでも行けます。

年末年始は女の子が里帰りしてしまい遊べないとお嘆きの貴兄は、この機会に普通の中国旅行をしてみてはいかがでしょうか。
連休中はビジネス客が激減するので飛行機のチケットがとても安くなります。

たとえば上に紹介した貴州省なんてどうでしょう。
広州空港から往復1万円でお釣りがきます。
貴州省というと田舎のイメージがありますが、省都の貴陽は大都市ですよ。
実際に行ってみると、中国の内陸都市に対するイメージががらっとかわること間違いなしです。


ANA 羽田-北京、上海線で便数を倍増へ

ANAが、上海、北京行きの羽田便を倍増させるという報道。

ブルームバーグ 
「全日空:羽田-北京、上海線で便数を倍増へ-日中の航空自由化合意で」

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M8FJTO6JIJV701.html

さらに本文中には、来年3月から、羽田-広州便も、日中双方で1日2便ずつ開設とあります。現状での広州便の不便さを考えれば、これは画期的。

なにより嬉しい『羽田発着』。
個人的には、成田空港への往復のあるなしで、東京・中国間の移動の疲労感が数倍違うので。

現状では、中国・香港への羽田発着便は常に相当な混雑ぶり。
マイルの特典航空券で羽田発着便をとるのは至難のわざ。
増便で少しは状況が緩和されるか。


できればさらに、JAL、ANAが数年前に飛ばしていた羽田・香港の夜行便も、復活させてほしいのですが。これは無理か。あの便で、羽田の仮設の国際線ターミナルから、週末にマカオに弾丸旅行に行った思い出のある方も多いと思います。懐かしいなあ。

中国西部航空

海南航空グループのひとつ、中国西部航空。
どうして「西方」航空ではなくて「西部」航空なんだろうか。
ちなみに、MUは中国東方航空だし、CZは中国南方航空だ。

あてずっぽに想像するに、「西方」という言葉はいわゆる欧米を指して使うことが多いので、あえて「西部」としたのかな。「西部大開発」などという流行の言い回しもあるし。

この中国西部航空、乗ってみると海南航空クオリティで、なかなかいい感じ。


機内販売はShow time

下の写真は、中国西部航空の機内販売の様子。
キャビン前部にワゴンを横置きにして、商品をひとつひとつ手で掲げて説明しているところ。子供が見入っていることからわかるとおり、説明は結構上手。売っているのは、雑貨品のようなものだったと思う。
こんなのを眺めていると、結構おもしろくて、時間つぶしになる。
説明が終わると、商品をのせたワゴンがまわってくる。

機内販売トリミング


上の写真でCAさんが着ている制服は海南航空と同じデザイン。西部航空のホームページにある会社紹介でも、この制服を使っている(西部航空簡介)。

機内誌も海南航空のものを使用。サービスも基本的に海南航空に準じている。海南航空のココナッツジュースも飲める。

yasi.jpg

ちなみに、同じ海南航空グループでも、買収で入手した香港航空にはこういう「海南航空っぽい」感じはない。西部航空は買収したのではなく、海南航空グループが設立した会社。
機内で渡された乗客アンケート用紙にも、海南航空の社長名義で挨拶が記載されていた。

ちなみに、そこまで海南航空と同じならば、どうしてわざわざ別会社を設立する必要があるのかとも思うけれど、中国の航空会社はもともと現地の地方政府と合弁することが多く、西部航空も重慶の地方政府系の企業から出資を受けている。地方政府の出資を受けると、いろいろな面での優遇が得られるから。
たぶんそんなようないきさつなのかな。


CAさん

下の写真は、CAさんを紹介している場面。

aisatsu.jpg

水平飛行に入って、飲み物のサービスを始める前に、CA全員がキャビンの前部に立ち、順にひとりひとりフルネームを呼ばれながら、上品に一礼する。
そのあとドリンクサービスがまわってくるのだけれど、中国の航空会社にしては珍しく、やさしい笑顔で乗客に接してくれる。

なかなかよいですね、西部航空。


ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。