常平 雅蘭酒店の文革レストラン

常平の雅蘭酒店(雅蘭ホテル)対面の雅蘭KTV1階に、湖南料理レストランが入居しています。
華東地区や華南地区を中心にチェーン展開しているレストラン「江南公社」の常平支店です。

bunkakurestaurant1.jpg

「江南公社」と言っても公営ではなく普通の私企業が経営するレストランで、「公社」は単なる店名です。

日本人が「公社」と聞いてイメージするのは郵政公社とか専売公社とかでしょうが、中国人がこの言葉から想起するのは1958年頃から毛沢東の指導下で組織された共同生産組織「人民公社」ですね。

この江南公社のウエイトレスやウエイターは、紅衛兵のコスプレをしています。
店内に懐かしい社会主義のスローガンが掲げられていたり、飲み物のカップがレトロなホーロー製のコップだったりと、毛沢東が国家のリーダーだった頃の中国をイメージした演出です。

bunkakurestaurant7.jpg

こういう「文革時代を模したレストラン」のコンセプトは、2000年代の前半に北京で話題となり、その後、おもに北方で流行したように記憶しています。当時のものは、内装や衣装だけではなく、店内のステージで革命劇や革命歌の出し物をするなど、凝った演出をしていました。

江南公社の文革レストランチェーンではこういう濃い演出はなく、内装と衣装の限度でのレトロ趣味ですが、その店名と相俟って人目を引く効果はあるようで、華中・華東地区を中心にかなりの数の店舗ができています。


常平ではやっぱりだめ? その原因は・・・

しかーし、雅蘭酒店の「江南公社」は、どうやら経営が思わしくないようです。

bunkakurestaurant2.jpg


開店して1年ほどで、すでに売りにだされていました。

刹那を生きる常平の住民には、懐古趣味など通用しなかったようですね。
それもそのはずで、東莞市は出稼ぎ労働者が定住して人口が増えた街なので、労働人口は多いですが、改革開放前の中国を懐かしむような年代の人は少ないのです。

人口統計を見ると、2010年の「普査」(国勢調査)では、東莞市の高齢者(65歳以上)の人口比率はなんと、

「2.26%」

まるでアフリカの短命国のような人口構成です。
ちなみに平均寿命が50歳程度のルワンダやソマリアでさえ、65歳以上人口は約2.5%

中国全土平均では8.2%なので、東莞市の人口構成は中国のなかでもかなり特殊です。
社会主義時代の中国などイメージできない世代が大多数を占めているわけですね。

ちなみに東京都の高齢者人口比率は21.9%なので、東京と常平とでは街を歩く人の様相がまったく違います。

参考:东莞市2010年第六次全国人口普查主要数据公报
http://tjj.dg.gov.cn/website/web2/art_view.jsp?articleId=4012



東莞市歴史博物館には毛沢東がいない

さらに、東莞の土地柄としても、改革開放経前の中国に対する興味は希薄のようです。

一例を挙げます。
毛沢東といえば、中華人民共和国の祖であって、中国現代史のもっとも重要な人物のひとりです。
ところが、東莞市の歴史博物館の展示には、毛沢東が登場しません。

東莞市博物館は、東莞市政府が運営する博物館で、展示室の総面積は3300㎡と、なかなかの規模です。

dgmuseum.jpg


中国系米国人で元ウォール・ストリート・ジャーナル北京駐在員のレスリー・T・チャン女史が、この東莞市博物館を見学した印象を、著作「ファクトリー・ガールズ」(邦題:現代中国女工哀史/白水社)に書いています。

博物館には、先史時代から清朝時代に至るまで、東莞の産業や生活について、ジオラマやマネキンを使った凝った展示物が並ぶが、近代に至ると展示が簡略になる。アヘン戦争、第二次世界大戦、中華人民共和国の建国は、それぞれ小さな写真と形ばかりの一、二行の説明で済まされていて、建国の祖である毛沢東の写真も名前も出てこない。しかも、建国の次は一気に30年後の鄧小平による改革開放政策に展示が飛んでいる。
「毛沢東に一言も触れない博物館が中国にあるとは信じられなかった」
とチャン女史は書いています。

「新中国」(xin zhongguo)は、毛沢東や共産党によってではなく鄧小平によって作られたというのが東莞市政府の認識なんでしょうかね。
「没有鄧小平、就没有新中国」かな。あるいは「没有港台資本、就没有新東莞」かな。実際に東莞の街の状況を見ていても、上(政府)から下(庶民)まで、こんな歴史観で生きているように感じます。

雅蘭酒店の文革レストランは、要は、開業する街を間違えたんですよね。
梅州あたりのほうがまだ見込みがあったんじゃないかな。


常平 鉄路公園

常平の「鉄路公園」(鉄道公園)は、公園側の説明によると、
「広東省初の鉄道のテーマパーク」
である。

常平の某業界の女の子に、
「常平に来てからどこに遊びに行った?」
と尋ねると、10人にひとりくらい「鉄路公園」と答える。
「おもしろかった?」
と尋ねると、
「まあまあ」
という評価。

そういうわけで、どんなものか見に行ってきました。

ちなみに、鉄路公園のあたりは暗くなると歩行者が少なく、治安が悪い。公園内で地元の女性が強姦されたうえ殺されたという話を、一度ならず聞いたことがある。
2年前には、夕刻に日本人女性が強盗におそわれ重傷を負った。(在広州日本総領事館「東莞市内における強盗傷害事件の発生」

広州の日本総領事館のサイトには、次のようなアドバイスが掲載されている。

万が一荷物を奪われそうになった場合には殊更に抵抗せず,場合によっては自ら荷物を手放すようにしてください。引きずられて怪我をする等の二次被害に遭う可能性があります。

現実的なアドバイスだ・・・

そういうわけなので、行くなら明るいうちがよいでしょう。
常平は昼の過ごし方に困る街ですから、ちょうどよいです。

僕は、午後3時頃に雅蘭酒店の近くでピックアップした湖南省出身の女の子と、食事にはまだ早いということで、二人で散歩に行きました。

鉄路公園の場所は常平駅から少し樟木頭よりのところ。天鹅湖路からだとタクシーで15元あれば着く。
広さは「約600畝」とのこと。平米に換算すると400,000平米。
東京ドームよりも少し狭い程度だが、長細い形の公園なので端から端まではかなり距離がある。緑の濃い公園である。

changpingtielu003.jpg

changpingtielu002.jpg

入口ゲートの案内板には、「広東省最初の鉄道のテーマパーク」と書いてある。
しかし、期待して入園しても普通の公園が広がるだけで、植え込みやボート池などよく整備されていて奇麗な公園ではあるが、どうしてここが「鉄道」のテーマパークなのかさっぱりわからない。

公園内を歩きまわって見つけた唯一の鉄道関連展示物は、「線路」だった。
公園と道路のあいだに堤防のような盛り土がしてあり、その上に数百メートルの線路が敷いてある。
線路の両端は途切れていて、どこにも繋がっていない。

changpingtielu005.jpg


立派な線路だが、これでどう遊んだらよいのか、よくわからない。
案内板によると、
「線路を歩く体験ができる」
ということである。
が、常平の住民の大半を占める出稼労働者は人も牛も平気で線路を歩く農村から来ているのだから、そんな体験に新鮮味はないだろう。

そういえば学生の頃は深夜に酔っ払って京王線の線路を歩いたりしていたが、あれは電車がとおる線路を歩いているオイタ感が面白いのであって、そもそも電車が走らない線路を歩いてみても楽しくはないのである。

鉄道のテーマパークというなら、せめて中古の客車の一両でも休憩所代わりにおいておけばよいのに…





サウナでの宿泊(東莞市の場合)&出入国管理法の改正

みなさんがよくブログなどで書いている「サウナでの宿泊」を、東莞・常平のサウナで初めて経験しました。

常平のホテル併設のサウナでは、11時過ぎに入るとそのままサウナの個室に泊まることができる。もちろん、ことが終わった後は一人で泊まるわけですが。
サウナの部屋はホテルの客室に似たつくりで、テレビもあるし、飲水機がおいてあるところもある。外出できないのが難点だが、簡単な食料とビールでも持参すれば翌朝まで快適に過ごせる。


「住宿登記はどうなる?」

ところで、サウナに泊まるとなったら、
「住宿登記はどうなるんだろう?」
という疑問が。

中国では匿名や偽名でホテルに宿泊することはできない。
チェックインの際に身分証明書を提示して、氏名や身分証番号を記録する。スキャナーで顔写真もスキャンされる。こうして集めた個人データは公安局(警察)に送られる。

今では、多くのホテルで、フロントに置かれた端末が公安局のコンピュータとオンラインで結ばれている。身分証に内蔵されたICチップのデジタルデータを直接読み取って、リアルタイムで公安局に身分照会する仕組みが出来上がっている。
当局(警察)は、誰がいつどのホテルの何号室に泊まったか、過去数年間にわたって把握している。

yomitori.jpg
身分証読取機


もしかして、サウナの個室を宿泊場所として登記するんだろうか・・・で、その情報が警察のデータベースに保存される・・・どうも気が進まない。
電話予約の際に尋ねてみた。
「お宅のサウナの個室に泊まりたいんだけど、住宿登記しなくちゃいけないの?」
「しなくていいよ」
よかった。

しかし、ほんとにそれで問題ないんだろうか?
一応、関係諸規定を調べてみました。


関係規定

上海にある日本人もよく利用する有名な大規模SPAでは、個室もないのに、公安局からの要請で、深夜12時を過ぎて滞在する客には住宿登記を要求している。
調べてみたら、北京市、上海市、南京市、福建省などでは、地方政府が制定した条例があって、サウナやスパに宿泊する場合でも宿泊登記が必要と定められている。

広東省では、サウナの住宿登記に関する省レベルの規定はない。が、省都の広州市では、2008年に市の公安局からサウナ営業に関する通達が出ている。この通達に、深夜1時から朝8時の間にサウナに滞在する場合は住宿登記をしなさいと書いてある(→ 关于规范桑拿按摩服务场所经营管理工作的通告)。

しかし、常平鎮を含む東莞市では、この種の通知は出されていない。したがって、常平(東莞)のサウナに宿泊する場合は、住宿登記は不要ということになるよう。


外国人の住居届出義務 (外国人臨時住宿登記)

しかし、我々外国人には、本国人(中国人)とは違って、更なる規則がある。

外国人は、上に書いた「住宿登記」のほかに、出入国管理法に従って宿泊地の届出をする義務がある(外国人臨時住宿登記)。外国人は、中国に滞在している期間中、滞在場所がホテルであろうと、賃貸マンションであろうと、一般民家(友人宅など)であろうと、公安局に届け出なければならない。
ホテルに宿泊する場合はホテル側でやってくれるので客が意識することはないけれど、ちゃんとホテルから公安局に届け出がされている。

このあたりのことを定めているのが、「外国人入出国管理法実施細則」という政令。
この「実施細則」の第29条に、
「賓館、飯館、旅店、招待所、学校等の企業、事業単位または機関、団体、およびその他の中国の機構内に宿泊する場合」
には、外国人臨時住居登記をしなければならないと書いてある。

第二十九条 外国人在宾馆、饭店、旅店、招待所、学校等企业、事业单位或者机关、团体及其他中国机构内住宿,应当出示有效护照或者居留证件,并填写临时住宿登记表。在非开放地区住宿还要出示旅行证。

第三十条 外国人在中国居民家中住宿,在城镇的,须于抵达后24小时内,由留宿人或者本人持住宿人的护照、证件和留宿人的户口簿到当地公安机关申报,填写临时住宿登记表;在农村的,须于72小时内向当地派出所或者户籍办公室申报。



「賓館・・・学校等」(29条)というのは文脈からして例示だろうから、宿泊設備があるサウナに宿泊する場合も、同様に「外国人臨時住宿登記」が必要でしょう。
やっぱり、登記をしないと法律違反になるんでしょうね。

が、そうはいっても、そもそも常平のサウナには「外国人臨時住宿登記」の用紙は置いてないのだから、チェックイン時に登記をしようと思ってもできないはず。
中国に出入りする外国人が少なかった時代につくられた法規なので、サウナ等の娯楽施設に宿泊する外国人の存在を想定していないのでしょう。社会の現状に即していない時代遅れの規定になってしまっている。


新しい「出入国管理法」

そういうこともあってか、この「外国人入出国管理法実施細則」とその上位法規の「外国人入出国管理法」は今年の6月30日をもって廃止される。
7月1日からは、新しい「出入国管理法」が施行される。新しい法律では、これまで別々の法律で取り扱われていた中国人と外国人の入出国に関する規定が、ひとつの法律にまとめられる。

中华人民共和国「出境入境管理法」 (2012年6月30日公布 2013年7月1日施行)
http://www.gov.cn/flfg/2012-06/30/content_2174944.htm

この新しい「出入国管理法」の第39条に、外国人が中国国内で宿泊する場合の規定がある。

第三十九条
1.外国人在中国境内旅馆住宿的,旅馆应当按照旅馆业治安管理的有关规定为其办理住宿登记,并向所在地公安机关报送外国人住宿登记信息。

2.外国人在旅馆以外的其他住所居住或者住宿的,应当在入住后二十四小时内由本人或者留宿人,向居住地的公安机关办理登记。



もとの「外国人入出国管理法実施細則」の規定と比べてみると、

改正前の「外国人入出国管理法実施細則」は、一般民家での宿泊と、民家以外での宿泊を分けて規定していた。民家に宿泊するときには「24時間以内」に届ければよいという時間的猶予が設けられていた。一方、民家以外での宿泊にはこの「24時間」という時間的猶予はなかった。

新しい規定では、「民家か否か」という基準ではなく、「ホテル」に宿泊する場合と「ホテル以外」に宿泊する場合とで分けて規定している。
ホテルに宿泊する際は宿泊する際に登記が必要だが(第1項)、ホテル以外に滞在する場合には滞在開始から24時間以内に登記すればよいことになった(第2項)。
外国人臨時住居登記の用紙が常備されているのはホテルくらいなのだから、理にかなった改正といえる。

ホテルに併設されたサウナでの宿泊に適用されるのが第1項なのか第2項なのかは明記されていない。ただ、上に書いたように、常平のサウナのフロントではそもそも宿泊登記事務を扱っていないのだから登記のしようがない。そうすると、第2項が適用されるのかな。

そうであれば24時間の猶予があるので、たとえば午後11時にサウナに投宿して翌朝10時に出発した場合、サウナに滞在している時間内には、「24時間以内に登記しなかった」という法律違反は生じない。
後日登記されていないことが発覚したら、罰金の対象になるんだろうか。なるんでしょうね。ちなみに、罰金の額は「2000元以下」(第76条1項6号)とのこと。

もっとも、早々に出国してしまう旅行者の場合、普通はこれが事後的に発覚して問題になることは無いと思いますけど。
法律違反の可能性があるということは、なんとなく意識しておいた方がよいかも知れませんね。



常平 中元街のカジュアル・レストラン

常平の中元街あたりで、中国に不慣れな旅行者でも入りやすそうな店を集めました。

1.好運大酒店ビル2階の「大快活」 (閉店しました)

好運大酒店ビルの全面改装後、2階に入居した「大快活」。先にレジを済ませてから席に着くタイプのカジュアル・レストラン。店内は、ファーストフード風で、明るく清潔。
営業時間は朝7:00~夜22:00なので、朝食にも利用できる。

rest009.jpg rest010.jpg


レジ横に写真入のメニューのパネルがあるので、指さし注文でもOK。
この日に注文したのはチキンのクリームシチューのセット。24元。チキンは表面を炙ってから使っているので、カリカリ香ばしくておいしい。スープはミネストローネ。コーヒーはブラックのレギュラーコーヒーで、ポーション入りのコーヒーフレッシュと紙袋に入った砂糖がつく。

rest011.jpg rest012.jpg




2.快餐店「回頭客」

匯美酒店(フィメイ・ホテル)から中元街を渡り、セブンイレブン左側の新南一街を入ったところに昨年できた店。中国語の「回頭客」は日本語で言う「リピーター」という意味。それを店名にしている。

ちなみに、日本語の「リピーター」は和製英語。英語でrepeaterというと、一番普通には「常習犯罪者」の意味になる。英語だとa regular(regulars)ですね。

話を戻します。
「回頭客」では、学食のカフェテリアのように、ずらりと並んだおかずから、ほしいものを指さして小皿に盛ってもらう。好きなものだけ食べられるので合理的。こういう方法で供される食事のことを「快餐」と呼ぶ。

rest003.jpg rest002.jpg


ちなみに、中国の職場飯の典型的なパターンは昔からこれだった。
12時少し前になると、職場のビルの1階に組立式テーブルがおかれ、ブリキのバケツ(本当に「バケツ」だった)が並ぶ。バケツに入ったおかずを指さして、おたまでプラスチック・トレイに盛ってもらい、職場に持ち帰って食べる。質の悪い油が大量に使われていて、冷めるとべたべたになる。気持ち悪くて泣きながら食べた。
泣きながら食べたのは昔の話で、現代の商業化された「快餐」は、油も適度で、衛生的で、十分においしい(食べる場所にもよるけれど)。

野菜料理2品とスープとご飯で14元程度。
野菜は安いが、肉料理はそうでもない。一皿で10元以上のものもある。ついつい色々と頼んでしまうと、結構な金額になる。

ご飯とおかゆはおかわり自由(セルフサービス)。
最初はご飯で、おかわりはお粥で、というのもOK。

rest004.jpg rest008.jpg


場所は、フィメイ酒店から徒歩3分と便利このうえない。
上の写真の道路の奥に見えているのがフィメイの正面入り口。



3.「サイゼリヤ」(八号広場)

おなじみのサイゼリヤ。中国語では「萨莉亚」と書く。 常平の中元街近くの商業ビル「八号広場」(8Market)の2階に入っている。広くて清潔な店内。カルボナーラスパゲティ13元と格安。セットメニューもある。
このとき食べたのはチキンとライス、ミネストローネスープのセット。

rest007.jpg rest013.jpg


ちなみに、中国で肉を食べるときは、チキンか豚肉を食べておくのが無難。中国の牛肉は品種改良が不十分なので、日本人が食べておいしく感じるとは限らない(それなりの値段のところは別として)。一番無難なのはチキン。中国に限らず、世界中どこでもチキンさえ食べておれば安心である。

同じビルには、日式ラーメンの「味千拉麺」も入居している。



4.「吉野家」(百花時代広場)  (→休業中とのこと)

昨年、ついに 常平にも吉野家が開店した。
百花時代広場地下1階の中元街側の入口から入って、目の前のエスカレーターを降りた右側に注文カウンターがある。

rest005.jpg rest006.jpg


味は日本の吉野家とおおむね同じだが、日本の吉野家にはないメニューもある。「外国まで行って吉野家かよ・・」と言わずにのぞいてみると意外におもしろいかも。

rest001.jpg


かつて、中国の吉野家は北京にしかなかった。北京に出張の機会があるたびに、日本の味が懐かしくて、わざわざ王府井のデパ地下まで牛丼を食べに行っていた。それが今では、北京だけで200軒以上あるほか、北は黒竜江省から南は深センまで全国に120軒を展開している。隔世の感がある。(→吉野家ホールディングス「海外店舗数一覧」


常平に遊びに来たときは、こんなようなカジュアルな飲食店と、あとはBistro(ビストロ 日本人経営のカフェ・レストラン)とスターバックスにでも通えば、一週間くらいの食事には困らないかと。

ここで紹介した店の地図は、こちらをどうぞ。



草の根反日 @常平

尖閣諸島問題はまったく好転しませんが(好転するわけもないのですが)、中国における反日の気分は少しはやわらいでいるんでしょうかね。
徐々に飽きてきているとは思うのですが、今回の騒ぎをきっかけに日本嫌いに目覚めた人も多いでしょうから、影響は続くでしょうね。

愛想よく話相手になってくれていたのに、
「あなたは香港人?」
「日本人」
このワンフレーズで表情が一変する人もいるし、
「日本人は嫌い」
などと明言する方も。

もっとも、多くの場合、単に口走っているだけで、さほど深い思いがあっての言葉ではありません。
なにを言われても、のれんに腕押しのごとく受け流してしまうことです。
中国駐在経験のある人なら、この反日受け流しのスキルは基本的に身につけています。旅行者も、それを見習うのがベストかと思います。
個人を嫌っているわけではないので、その後の共同作業にもさしたる影響はありません。

常平の街を見渡しても、中心部の中元街あたりでは、反日ポスターやスローガンを見かけることはありません。常平の表玄関ですから、当局が許さないのでしょう。

ただし、少し離れた東興路あたりだと、ポツポツとそれらしきスローガンが目に入ります。

kanri1.jpgこれは美容室。
シンプルに「釣魚島は中国の領土」。




kanri2.jpgこれは携帯電話ショップ。
定番の「日本製品ボイコット、国辱を忘れるな」。




さらに東興路を進んでいくと。


kanri6.jpg半島酒店の少し手前の钻石酒店1階に昨年できたカジュアルなレストラン。
この立て看板は、ほかでもよく見かけるデザイン。


kanri7.jpgこのレストラン、ケチャップライスが飲み物付きで12元など、安く食事ができるし、無料でWifiが使えるので重宝しています。
僕は反日スローガンなど気にせず入ってます。食事をするだけなら反日だろうが反米だろうが関係ないですから。



hannichi.jpg店内には
「釣魚島是中国領土!」
と書かれた横幕がありました。
その下に幅5メートルくらいの白い紙が貼られ、
「署名してください」
と書いてあります。



掲示板を眺めてみました。

kanri3.jpg右上隅に書きなぐられた、
「田笨人与狗不得進入」
は、
「日本人与狗不得進入」
のことでしょう。
「犬と日本人 入るべからず」
という意味ですね。
もう入っちゃったんですが。


ところで、この「犬と日本人 入るべからず」という言い回しをみると、かつて上海のフランス租界やイギリス租界の入り口に掲げられていた、「犬と中国人 入るべからず」というフレーズを思い出します。
歴史を思い返せば、このフレーズを使うことは、中国人にとって国辱ではないんでしょうかね。そういうことは気にならないのかな。


kanri4.jpg掲示板の真ん中あたりに、
「毛沢東在此」 (毛沢東ここにあり)
という書き込みがありました。

毛沢東は、抗日戦争のころ、中央軍事委員会の主席として八路軍(人民解放軍の前身)を指導する立場にいましたから。「もういっぺん日本をやっつけてやる」という意味でしょうね。


どこかから「あれ、日本軍と戦ったのは国民党軍じゃなかったけ?」という突っ込みが入りそうです。しかし、仮にそうであったとしても「蒋介石ここにあり」と書くわけにはいかないですから、しょうがないんです。



ベトネベートスカルプ