スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンセン沙嘴村を久しぶりに訪問

懐かしの沙嘴村に、約7年ぶりに行ってきました。

前回訪問した7年前もすでに沙嘴村の風俗産業は崩壊した後でした。
なので、だいたいの状況はわかっています。あまり期待せずに行ってきました。

沙嘴村へ

沙嘴村の最寄駅は、深圳地下鉄龍崗線の益田駅。
最寄駅と言ってもあまり近くはありません。駅から徒歩は無理です。

この日はちょうどタイミングよく、
「B685路 下沙小学」
行きバスが来たので乗りました。5つ目のバス停が「沙嘴」。結構遠いです。
バスは激込みで、無理やり乗り込みました。

バスを降りたらすぐ目の前に沙嘴村の入口があります。

shazui1.jpg

立派な門です。さすがはもと農村。
この門の向こう、敷地内の土地は、もとは沙嘴村の農民が集体所有する農地で、その土地に農民らが共同出資してこの建物群を建設しました。

中国は社会主義国ですが、土地が国有なのは都市部だけで、農村は制度が違います。沙嘴村はもと農村で、その土地は国有ではなく、村として共同で所有管理する土地でした。

だからこそ、かつてのように、その土地を使って無茶ができたわけです。

「中国のパタヤ」とも称された風俗解放区が2006年と2007年の徹底した取締によって壊滅して現在に至るわけですが、今でも多少の置屋や立ちんぼは地味に営業中です。

沙嘴村

村内には賑やかな商店街(沙嘴中心街)があります。
客引きは、このメインストリートにはいません。

shazui2.jpg

裏道にも道幅は狭いが賑やかな商店街があります。
産婦人科の「処女膜修復680元」なんていう看板を眺めながらウロウロしていると、客引きが向こうから見つけてくれました。

女の子の待機場所は路上です。
数人ずつ路上に立ったり、飲食店の軒先のイスに座ったりしています。そのなかから選ぶシステムです。値段はみな150元。

常平の置屋や蓮花路の鶏みたいに、ゆっくり会話して選ぶことはできません。
選ぶか選ばないか、一見して即決です。直感です。

よって、外見しか判断基準がありません。
筆談ホステスの斉藤里恵さん似の、端正な顔つきの娘を選びました。

女の子は、愛想のかけらもなく、こちらをちらっとも見ないまま、先に立って歩きだします。彼女を追ってワンブロックほど歩き、階段を上がって団地の部屋に入りました。

ほとんど会話もないまま、重要部分のみシャワーで洗浄してくれます。

shazui3.jpg

最初は「吹」(chui)をしてくれます。このためにここだけ洗ったわけですね。
準備ができたらゴムをかぶせて、彼女が上でイン。
僕は自分のペースでするのが好きなので、
「我来上面」
と言って上下交代。
終わった後はシャワーなしで、即退室です。

ほんとうにただするだけで、味もそっけもないです。

会話もほとんどありません。
まあ、こちらもあえて話しかけていませんが・・・
そういう空気じゃないんです。

コンビニで乾電池を買うみたいな定型的な商取引です。
というのは思い違いで、実は僕は自販機で買ったのかもしれない。

かつての蓮花路の鶏や常平の置屋の女の子はいろいろ面白かったなあ、と今となっては懐かしむのみです。

スポンサーサイト

広東省 汕头(スワトウ)の安風俗

個人的なイメージでは、スワトウは「悪の街」である。
スワトウといえば、まず思い浮かぶのは密輸。そして、増値税還付金詐欺。さらに、違法薬物や違法コピーDVDの製造拠点、有毒廃液垂れ流し、などなど昔からスワトウが世間で注目されるときにはロクな話題がでてこない。

こんな風に書くと、
「スワトウってエキサイティングで面白そうだ」
と思う人がいるかもしれない。
しかし、実際に行ってみるとスワトウは実につまらない街だ。

華のない街

一言で言えば、華のない街である。
深セン、珠海、厦門とともに1979年に経済特区に指定され、経済的には一定の発展があったにもかかわらず、アッパーミドルの消費者層が薄いせいか、歩いて楽しい商業街がない。他の三都市と違い、経済発展が文化面、観光面での成熟に繋がることがなかった。

風俗に関してもスワトウの市街地は不毛である。
紅灯区はないに等しい。ここ10年ほどの間に何度か訪れ、その都度複数のタクシー運転手にしつこく確認しているが、スワトウの市街区域にはこれと言った紅灯区はない。
ホテル内サウナでの特殊サービスは当然あるだろうが、僕の趣味とは違うのでここでは置いておく。

郊外へ

スワトウで風俗探しをするには郊外に出る必要がある。市中心部から榕江を越えた先にある潮陽区、潮南区あたりが、風俗のある街として知られている。スワトウ市街地からタクシーで80元~100元程度。市内のバスターミナスからバスでも行ける。

僕はいつも、スワトウの街の外れにある礐石バスターミナルからバスに乗っていた。

shantou001.jpg


礐石バスターミナルを出たバスは、すぐに榕江を越える。榕江には、こんなに立派な吊り橋(礐石大橋)がかかっている。

shantou002.jpg

この道は、深センまで続く広汕公路(国道324号)で、350kmほど真っすぐ行くと、深センに着くことになっている。

礐石大橋を越えたところが潮陽区。
潮陽区にも紅灯区はあるらしいが、僕はそのあたりは通過するだけなので、よくわからない。

潮陽区の先にあるのが潮南区で、その中心街は汕尾商業街。名称は「汕尾商業街」だが汕頭市の隣の汕尾市とは関係なく、ここはまだ汕頭市内。
安価な衣料や食料品、雑貨店などがならぶローカルな商店街。

shantou004.jpg

ここまで読んできて、いったいどこの話をしているのか全くイメージがわかない方は、こちらの地図をどうぞ。

汕頭市潮南区汕尾(Google map)

海が近いからか、この商店街付近の公衆電話はイルカ。
これは可愛いんだろうか、どうなんだろう。

shantou003.jpg


ホテルに住み着く100元小姐

かつて、このあたりの安風俗の典型は潰れかけたホテルに住み着く100元小姐だった。
当時のスワトウには、経済発展を過大に見込み、先走って作ってしまったホテルが、ほとんど客が来ないまま、あちらこちらに建っていた。夜に道路を歩いていると、真っ黒い長方形のシルエットが墓標のように見える。

そういう潰れたホテルに1回100元でことをおこなう女の子が住み着いたのが100元小姐。地元民はデリバリー方式(またはお持ち帰り)での利用が多く、そのためのバイクタクシーが、ホテルの駐車場に常に10台ほど待機している。

そういうホテルのひとつに泊まってみたことがある。

商店街から離れた国道沿いの立地で、周囲に何もないのでホテルとしての利用価値は低く、宿泊客は、ほぼいない。
それでもエレベーターはちゃんと動くし、電気もつくしお湯も出る。アメニティも一通り置いてあるし、タオルもシーツも洗濯済みだった。
ただし、食堂はクローズしていた。運営はかなりでたらめで、チェックインをする際に「身分証明書は持ってない」と言ってみたら、宿泊登記なしで泊めてくれた。

チェックインして部屋に入ってほどなく、私服姿の女の子がポットに入ったお湯を持ってきた。「ありがとね」と受け取ったが、ポットを渡したあとも部屋を出て行かない。勝手にベッドに座って、「どこからきたの?」などと話しかけてくる。あらためて見ると、なかなか可愛い娘である・・・つまりはそういうことなのだ。
お湯を運んだついでに、もうひと仕事して帰って行った。
その後も、次々に女の子がドアをノックする。ドアを開けると数人いっしょに入ってきて、誰か一人を選べといわれる。

建物を上から下まで見て回ってだいたいの様子がわかったのだが、ここは100室程度の規模のホテルで、そのうち10室ほどを共同で借りて数十人の100元小姐が住み着いている。
一般の宿泊者は僕のほかにマレーシア人男性が一人いるらしかった。目的は僕と同じだろう。その他の部屋は空いていた。
この状態は、言ってみれば、ホテルがまるごとデリヘルの待機所になっているようなもの。

この初回訪問時には、夢のような体験ができた。
女の子たちがとにかく温和で、美少女がいっぱいだ。かつての常平天鹅湖路の置屋の上澄みをすくったようなレベル。年齢は一番上の娘で22~23歳程度。すれた雰囲気はゼロで、ごく普通の素直な娘たちだった。若いわりに物腰が落ち着いている娘が多く、普通に話ができる。
ことに及ぶ前には、「ゴムつけて」ではなく、優しく微笑んで「つける?」と穏やかに質問される。思わず釣られて「ウン」と言ってしまう。ほほえみの催眠術師である。

2泊してスワトウを離れる日には、朝8時にやってきた女の子と午前中一緒に過ごし、昼頃にチェックアウトした。朝から部屋にいた女の子は、ホテルの玄関まで一緒に降りてニコニコして見送ってくれた。

ほんとうにいい思い出ができたなぁ、と満足して帰ってきたが、いつもいつもこんなに良い思いができるわけではないらしい。

1年ほど経って再訪したとき、相変わらず多数の100元小姐がいたが、1年前の女の子は一人も残っていなかった。
そして、雰囲気がだいぶ変わっていて、なんだかヤンチャな連中ばかりになっていた。

この日の宿泊客は僕だけで、時期的に商売の良くない日だったらしく、稼ぎを焦る女の子たちのセールスの集中攻撃にあった。
夕刻から既に2人にお世話になり、メンテナンスモードに入っていたにもかかわらず、深夜に部屋の前に押しかけた女の子らに、
「お話だけだから」
と言われ、うかつにドアを開けたら乱入された。

「嘘つくな、まだできるはずだ」
と高飛車に言うが、できないものはできない。拒否し続けていたら、問答無用とばかりに3人がかりでベッドに倒された。女の子相手に拳固で反撃するわけにもいかないので、上に乗られると動けない。パンツを膝まで下げられた。

しかし、そんなことをされたって、こちらはセクシャルな気分にはなれないのである。
やがて諦めてくれたが、腹と太腿に平手打ちをくらい、被害甚大となった。
アホな女子高の修学旅行の夜ってこういうノリなんだろうな、と思うほどのワルノリぶりである。

しかし、そんな思い出も今となっては懐かしいばかり。
残念ながら、今はこのホテルに100元小姐はいない。

思い切った追加投資をして、レストランやカラオケルームを整備し、正業で食べていけるれっきとしたホテルに転身したのだ。

昔は誰もいなかったフロントに、紺色の制服の女性が立っている。昔は見かけなかった家族連れの宿泊客が廊下を歩いている。夕方になると、カラオケ客が乗ってきたビュイックやホンダやヒュンダイで駐車場がいっぱいになる。自家用車の普及が、このちょっと僻地のホテルを救ったらしい。

100元小姐はいなくなったが、カラオケ客に女の子を貸し出すオババがロビーに陣取るようになった。夕方になるとロビーの椅子に10人くらいの女の子が退屈そうに座っている。珠海の置屋程度のレベル。僕は発注しなかったが、過夜でたしか500元だったと思う。これは高いんだろうか、安いんだろうか。


遊びに行くならそれなりの気合いを

潮陽・潮南の安ホテルには今でも女の子を置いているところが結構あるようなので、お暇な方は探検してみると楽しいだろう。最新情報はタクシーの運ちゃんが知っているはずだ。

ちなみに付言しておくと、このあたりのタクシー運転手、とくにバイクタクシーは著しく柄が悪いので要注意である。
あるときホテルの前にいるバイクタクシーのニイちゃんに、「汕尾商業街までいくら?」と尋ねたら、「おまえが先に言え」と言い返された。相手に土地勘がないとわかれば、200mの距離でも100元などと言ってくるだろう。
気合いを入れて遊びに行ってください。


海南島 賓館の女性たち

YOUKUの動画ファイル。
海南省の琼海市にある新逢莱賓館の取材映像。

http://v.youku.com/v_show/id_XMTEwNTA4NjAw.html


なお、動画のタイトルは「珠海」となっているけれど、内容からして珠海とは関係なく、珠海と字が似ている海南省の琼海市でのできごと。琼海市は、海口、三亜に次ぐ海南省で三番目の都市。

新逢莱賓館は、女の子が長期で部屋をとり、お仕事をする風俗ホテル。ホテル全体が置屋になっている。記者は一般市民からの情報で、このホテルを取材に行ったとのこと。

動画の前半は女性への取材。1回30元で10分。本番以外のサービスはなし。主な客は出稼ぎ農民。こういう娘が数十人、ホテルに部屋をとっている。

記者がメインで報道したいのは、後半のほうらしい。
後半は、記者が警察に通報してみた顛末のレポート。
所轄の派出所に、
「沢山の女の子が新逢莱賓館で○春をしていますよ」
と電話した。それからホテルの前に車を止めて成り行きを撮影。

電話をした直後、女性たちがホテルを出ていく。少し遅れて、3人の警官がホテルにやってくるが、1階の玄関ホールを形式的に眺めただけで帰っていく。警官が帰った数分後、さっきどこかに出て行った女性たちが、ぞろそろ戻ってくる。

女性キャスターは、「これがはたして偶然でしょうか」と結んでいる。
まあ、どこもこんな感じなんでしょう。


僕が感心したのは、中国のマスコミはよくこれだけ地元の警察に正面から楯突けるなあ、ということ。これは、日本のテレビ局では絶対に無理。
日本のマスコミの事件報道は、警察官から非公式に捜査情報をリークしてもらって垂れ流すのが仕事なので、地元警察の御機嫌を損ねるようなまねは絶対にできないですから。


桂林、陽朔の楽しみ

いつもいつも怪しげな置屋街をうろうろしているわけではありません。
たまには有名観光地もいいもの。
ということで、桂林と陽朔。

桂林


上の写真は桂林の川くだりの船からとったもの。
この川くだりの終着地、陽朔の街は、癒し系観光地としてお勧め。
桂林からは、水路で83kmの距離にある。
桂林は単なる埃っぽい地方都市だけれど、陽朔は、周囲を奇岩、奇峰で囲まれていて、街そのものが静かで風光明媚。

陽朔の山


そして、陽朔は、外国人バックパッカーの長期滞在者が多いので、洋風の食べ物が町中にあふれている。
こんな山の中なのに、焼きたてのクリスピーなピザが食べられたりする。
英字の看板も多い。

陽朔の街並

朝食も、その辺のカフェで、おいしいトーストが食べられる。

陽朔の朝食


それでいて、とても静かで、しっとりした街だ。
長期滞在者が多いのも故ありという感じ。


こんな静かな街だけど、やっぱり風俗はあった。
夜中に閉店後の商店街をうろうろしていたら、声をかけられた。
小さな町だけど、2件ほどあるよう。

陽朔の置屋
(写真はイメージです)

この街の置屋は、奥にそれ用の小部屋があるスタイル。
女の子は各店2,3人程度のようなので、そっち方面の遊びはあまり期待しないほうがよいかもと。

そもそも陽朔はそういうことをする町ではないし。


ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。