スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置屋の女の子

サウナの女の子より置屋の女の子が好きだという話は、何度か書きました。

置屋の女の子のほうが好きな理由は、
「素人っぽいから」
です。

みんながみんな、というわけではありませんが、全般的な傾向として、サウナやKTVの女の子よりも置屋の女の子のほうが素人っぽい雰囲気を持っていると感じます。

長江の沿岸にある都市「南通」は、日本の企業も多く進出している中都市です。
その南通の住宅地にある置屋でも、そういう素人っぽい娘に出会いました。

前々日に安徽省の農村からやってきた18歳。ショートカットがよく似合い、つるんとした顔立ちで、「MajiでKoiする5秒前」を歌っていたころの広末涼子みたいな感じの娘でした。

こういう店に入ったら、

hongdengqu.jpg

こんな感じの女の子が座っていたわけです。

girl-ar10.jpg

薄いピンクのコットンパンツに白のパーカーというカジュアルな服装。
たぶんこの服装で、田舎から長距離バスに乗ってやってきたのでしょう。
化粧はせず、すっぴん。それでも可愛いです。10代ですからね。

普通、この種の置屋には中年のオババが常駐して、お金と女の子を管理しています。しかしこのとき店にはなぜか大人がおらず、彼女が一人でソファに座っていました。
たぶんオババはメシでも買いに出かけていたのでしょう。

中年男性の先客がいて、女の子と交渉中でした。彼はいわゆる「お持ち帰り」をしたいようで、バイクの後ろに乗れと言っているようです。女の子は難色をしめしています。
1分程度のやりとりの後、先客はあきらめてほかの店に行ってしまいました。

ちなみに、その付近の置屋にはお持ち帰りのシステムはないです。そして仮にそのシステムがあったとしても管理しているオババの指示なしで女の子が外出することはありません。

先客が去るのを待って、店に入りました。
簡素な壁紙、床はコンクリートを打ったまま。広さは8畳程度。がらんとした部屋に古い布張りのソファーがひとつ。そこに十代らしき女の子が座っています。

ここはマッサージ店だよね
うん
いくら?
150元

この時点で、全套(フルサービス)の店だとわかります。このあたりで150元はそういう値段です。

一応確認してみます。

全套? (全部セット?)
うん

部屋はあるの?
2階にある。

商談が成立すると、女の子はふわっと軽く立ち上がって、先に立って階段をあがります。細い足を眺めながら僕も階段を登って2階へ。
2階には8畳くらいの部屋がひとつありました。真ん中にカーテンが下がっていて、2つに区切られたそれぞれのスペースにベットが置いてあります。

で、ことに及びました。

終わりに近づいたころ、彼女が言った言葉が、

「ぎゅっとして。ぎゅっと抱かれてするのが好きなの。」

ビジネスでやっているのだという認識が、まだ十分に確立できていないゆえの言葉と思われます。
こんなこと言われたら、うれしくなっちゃいます。

ちなみに、話がそれますが、中国の風俗でたまに遭遇するのが、ことの最中に、大声で、
「老公(ラオゴン)、老公(ラオゴン)」
と口走る娘。

老公(ラオゴン)は、夫や彼氏を意味する中国語で、女性から男性に対して「老公」と呼びかけます。日本語に訳すと「あなた」みたいなニュアンスです。
つきあっている彼女から言われるなら自然ですが、名前も知らない女の子から「老公」と言われても、現実感がなさすぎて逆に醒めます。萎えます。
もう少しナチュラルな演出を希望したいところです。

一昨日この業界に入ったばかりの女の子は、もちろん「老公」なんていいません。
彼女が口にした言葉は、

「ぎゅっとして」

だけで、これは実にその場に馴染む言葉でした。

で、ぎゅっとしながらフィニッシュ。

2週間後、また南通で仕事がありました。
深夜まで続いた会議のあと、ホテルに戻ってスーツを脱いで、仕事関係者に見つからないようコソコソ外出。
2週間でどのくらい変わっているだろうか。

彼女は2週間前とおなじ店にいました。
こんな感じになっていました。

20091010191420.png

これって、よくあるパターンです。
田舎から都会にでてくると、こういう勘違いをしてしまう娘がいるんです。

外観は変わり果てていましたが、人柄は2週間前のまま。穏やかで優しい娘でした。

ただ、もう、

ぎゅっとして

は言いませんでした。

ビジネスでやっているのだ、ということをはっきり認識している雰囲気でした。
そりゃー、あれから2週間の間に何十人も初対面の男性を相手にしてきたのですから、

買春客と商売女

という関係性の理解に至ったのでしょう。

ちなみに、サウナの場合は、店に出る前の研修の時点でこの関係性を理解するのが普通です。プロの風俗嬢として金を稼ぐ方法を教え込むのが研修ですからね。

そういうわけで、僕は置屋を歩き回って開眼前の原石を探すのが好きなんです。
スポンサーサイト

12月に中国に遊びにいけるかな

12月に、中国に遊びに行けそうな雰囲気になってきました。

昨年末にマイルを使って発券した特典航空券があるのですが、何かと用事があって出発できず、何度も旅程変更を繰り返し、いつのまにか1年の期限が迫ってまいりました。
とりあえず10月、11月は、数日間にわたって行方不明になるのは無理です。12月なら、4日間くらいは死んだふりできそうな気がします。

今回は華南ではなく、華東に行きます。
一応説明しておくと、華東というのは、上海とか、杭州とか、寧波とか、あのあたりです。

いつもの例で言えば、

上海 … 置屋
杭州 … 立ちんぼ
寧波 … サウナ

みたいなスケジュール感になるんですが、寧波は今回は行かないで、その手前の紹興あたりを散策するかも知れません。
紹興酒の紹興です。小規模ながら置屋街があるそうなので、散策してみようと思います。

仄聞したところでは、上海北部の有名な置屋街は今年になって手入れがあり、先はあまり長くなさそうです。
と言うか、どこにせよローカル置屋があるような古い民家街は、これから街そのものが整理されていき、更地に、そして小奇麗なマンションが建つ、という道を進むものと思われます。
早めに行っておかないと、もう再訪のチャンスはないかも知れません。

今回はいままであまり行ったことのない浦東新区の置屋街、立ちんぼエリアも訪問してみるつもりです。
こちらも、先が長くなさそうなので、今のうちにいっておかないと。

結局のところ、僕はサウナより置屋が好きなんです。
置屋にいる女の子の雰囲気が好きなんです。

杭州については、何度も書いているとおり、都心部の店舗型の置屋街はすでに壊滅状態です。
そのかわり、深夜遅い時間になると、ママさんに連れられた十数人の女の子がかつて置屋街があった暗い道に並びます。20前後の素人っぽい女の子たちです。
そこで話がついたら、一緒に近所の団地の一室に行くシステムです。

置屋も、立ちんぼも、エアコンのない部屋での勝負になるので、夏はきついです。
冬は冬でやっぱりきついのですが、仰向けでのサービス中に女の子が湯たんぽをお腹に乗せてくれたりします。こういうやりとりが、ほっこり嬉しいんです。
体をくっつければ多少は暖かいし、やっぱり置屋めぐりのベストシーズンは秋から冬だなーと思います。

高松のソープ街を通過するグーグル撮影車

高松には多少まとまった規模の風俗街(ソープ街)があります。
Wikipediaによると、

八重垣新地(やえがきしんち)は、香川県高松市城東町二丁目に位置する四国最大の性風俗街である。通称は城東。

とのこと。八重垣新地に関するWikipediaの記事はとてもよくできているので、一読をおすすめします。

 Wikipedia - 八重垣新地

ちなみに、四国最大の都市は愛媛県の松山ですが、風俗街の規模が大きいのは高松です。20軒近い店舗型風俗店が、ここ城東町に集まっています。松山は道後温泉のあたりにちらほらあるだけですから、それよりは確かに大きいです。

先日、高松に出かけた折に、高松駅から城東町(八重垣新地)まで歩いてみました。遠かったです。徒歩20分では着かなかったような気がします。



八重垣新地は高松港の埠頭に位置していて、一般の市街地からはやや離れています。大規模な倉庫などが並ぶ港湾地区に特有の殺伐とした景色の中を歩いて行くと、水路ごしに風俗街らしき建物が見えてきます。

takamatsu-soap001.jpg

よーく見ると、船の向こうに風俗店の無料案内所が見えます。

takamatsu-soap003.jpg

ぐるっと大回りして橋をわたり、風俗街に入ります。

takamatsu-soap004.jpg
takamatsu-soap005.jpg

エリア内にはソープが立ち並びますが、残念ながら写真はここまで。
黒っぽいスーツを着た呼びこみのオニイサンが大勢立っているので、カメラを構えるなんて無理です。

が、しかし、ここの撮影を敢行した勇者がいます。
Google mapの撮影車です。

以下は、ストリートビューからのキャプチャ画像です。

異様な外観の車が近づいてくることに気がついたらしきオニーサンたち。

takamatsu-soap02.jpg

ちなみに、Googleの撮影車は、ルーフの上方に全周囲カメラを取り付けた、こういう風体の車です。

street1-400x274.jpg

takamatsu-soap08.jpg

こんなものが近づいてきたら、警戒するのは当然のこと。

おいこら、止まらんかい。

takamatsu-soap03.jpg

止まれっちゅうとんねん。

takamatsu-soap07.jpg

ここで止まったら面倒が起こるのは必至です。その気配を察したGoogle撮影車のドライバーは強行突破を試みます。

takamatsu-soap04.jpg

突破成功。
後ろ姿を見送るオニーサンたち。

takamatsu-soap05.jpg

危なかったね・・・
こういうところの撮影は早朝にするとか、もう少し気を使ったほうが良いと思います。

集団買春は日本のお家芸か?

鴻海によるシャープの買収は、日本人にとって衝撃的な出来事のはずですが、世論的には意外にすんなり受け入れられた感もありますね。既にみんな頭の隅では日本企業の凋落ぶりを認めていたからでしょうか。

海外で暮らす日本人は、すでに2000年頃から、日本企業の存在感がどんどん薄くなっていくことを身の回りの出来事から肌で感じていました。

卑近なところで言えば、2000年代の半ば頃、中国の携帯電話市場で日本勢が全滅したことは印象的でした。
2000年前後の中国では、シャープ、東芝、ソニー、NEC、三菱電機、パナソニックなど日本製の携帯電話がよく売れていて、ノキアやモトローラなどの欧米勢とショーウインドを2分していました。
それが数年のうちに日本メーカーが占めるスペースが減っていき、最後まで残ったNECも2006年頃に撤退し、結局残ったのは合弁企業のソニーエリクソンだけでした。
日本メーカーにかわって、サムスンやLG、ノキア、そして中国資本の製品が店頭に並びました。

白物家電についても、かつて中国の新婚夫婦の憧れの的だった日本製の洗濯機や冷蔵庫は店頭から姿を消し、今は韓国のサムソンやLG、中国のハイアールやミディアの製品が並びます。ちなみにミディアは東芝の家電事業の買収で話題の会社です。

そんな移り変わりを10年以上見てきましたから、シャープが台湾企業の傘下に入ったことも、ありうるなりゆきと感じました。

ここから本題です

さて、そういう話はさておき、このブログらしい話題に入ります。

以下は、あくまで「うわさ程度の不確かな話」として聞いてください。

2007年6月、日本のとある大企業の社員約90名が中国の警察に拘束されたという噂が、中国の日本人駐在員の間で流れました。
「噂」によると、この事件は、
「上海で開催される見本市の準備のために日本から出張した大企業の社員約90名が、集団で買春をして逮捕された」
というもので、具体的な会社名もささやかれていました。

会社名については諸説あったのですが、そのなかにシャープも入っていました。
拘束された人数については、89人とか94人とか諸説あるものの、90人前後という点では誰の話も一致していました。

これが本当なら大事件です。

しかし、中国のメディアはこの件を一切報じませんでした。
さらに、上海の日本国総領事館のホームページには、こういう告知が発表されました。

上海総領事館「上海での日本人89人拘束との報道について」

shanghaiemb.png

上海での日本人89人拘束との報道について
2007年6月27日 在上海日本国総領事館

インターネット等で「上海にて日本人89人拘束か」との報道が流れていますが、当館では、日本人89人が拘束されたとは承知しておりませんし、当館が公安に対し、会社名を公表しないよう説得していることもありません。


わざわざ、
「買春による身柄拘束はなかった」
と領事館が公式に発表しています・・・

しかし、こんな公式発表は誰も信じませんでした。

関係者が、結構しゃべってしまっていたからです。
僕も、こういう案件を知りうる立場の人から、
「あれほんとだよ」
ボソッと教えてもらいました。

前年まで続いた小泉純一郎政権の影響で、日中関係がこじれていた時期でした。小泉さんが終戦記念日に靖国神社に参拝したのは、この一件の約10ヵ月前です。
2年前の2005年には中国各地で反日デモがおこなわれ、上海でも10万人がデモに参加し、暴徒化した群衆が日本料理店や日本総領事館を襲撃する事件がありました。

もしこの集団買春事件が中国メディアで報道されたら、ふたたび反日感情が爆発して、当該企業のみならず日本製品全般に対する不買運動が始まりかねないです。日本政府として中国側に報道規制を依頼したのは、やむを得ない成り行きだったのでしょう。

こういうとき、独裁国家は何でもありで便利ですね。

中国政府はメディアを抑えてくれました。
中国での報道は回避されました。
もちろん「タダ」のはずはありません。
ちゃんと対価は支払わされたでしょう。

ちなみに単なる偶然でしょうが、常々、
「技術流出防止のため、最先端技術を扱う工場は中国に移転しない」
と表明していたシャープは、この事件の翌年に、液晶製造の先端技術を扱う工場をコストカットのため中国に移転すると発表しました。

これが事件と関係あるのかは知りません。
そもそも、件の会社がシャープであったかどうかさえ、うわさ話の範疇をでません。

ただ、少なくとも、日本を代表するいずれかの大企業、つまり、日本の外務省がシモのお世話に奔走するほどの大企業が、中国側に大きな「お代」を払わされたことは間違いないでしょう。それはたぶん日本の国益に大きく反する形で支払われたはずです。

なんだか、ゆるんでるな~、と思いますよね。
出張者なので海外に出てはしゃいでいたのかもしれませんが、敵地で集団買春なんて無防備なことをよくやるなぁ、日系の大企業なんて日頃から狙われているに決まっています。

かつて広東省の珠海に社員旅行に行って、400人で集団買春をして捕まった会社は関西の中小企業でした。たしか住宅リフォーム会社で、消費者との間で頻繁にトラブルをおこしていた会社だったので、「さもありなん」という印象でした。
が、日本を代表する大企業で、立派な経歴の人たちもまた海外で集団買春してしまうというのは、これはもう、特殊事例ではなくてわれわれの民族性なんですかね・・・

どこの国の男性だって女性は買うでしょうが、
「会社の人間関係の続きで、みんなでいっしょに団体で買春」
というのは日本人と韓国人ぐらいでしょうか・・・・たぶん

旧正月前のにわか風俗嬢について

日本のお正月シーズンは終わりましたが、中国は旧暦で年を越すので正月はまだ先です。今年は2月8日が旧暦元旦。ちょうど一か月後です。

旧正月の前後には「春運」と呼ばれる帰省ラッシュがあるので、交通機関の混雑や切符の値段の高騰を嫌って早々に都会を離れる人も多く、マッサージ屋や食堂で働く女の子や工事現場の作業員のような臨時雇用者は、そろそろ田舎に帰り始めます。

風俗業界では

風俗業界で働いている女の子も、旧正月の2週間前くらいになると、かなりの娘が帰省してしまいます。加えて、この時期には警察の風紀取り締まりが増えるので、風俗業界は低調になります。

あと2カ月ほどあと、旧正月が終わって少したった頃が、風俗巡りにはおすすめの時期です。農村から新しい女の子がやってくるからです。
旧正月前に高価なお土産や大金を携えて帰省してくる知人のようすを見て、
「旧正月が明けたらわたしも稼ぎに行こうかな」
と思うわけです。
素朴で擦れていない娘に出会える確率が高くなる季節です。

旧正月前は

では、旧正月前は全くダメなのかというと、そうでもありません。
実はこの時期に風俗業界に新規参入する娘もわりといて、それにはちゃんと理由があります。

中国の沿海部の工業地帯には、内陸の農村部から多くの若い女の子が出稼ぎに来ています。女性の工員をほしがる工場は多いので、就職口はいくらでもあります。
彼女らは、お正月が明けたら働きにやってきて、翌年の旧正月前までの約一年を工場の内外で過ごします。

その一年間、工場の仕事だけやっている娘もいれば、副業で夜のアルバイトをやっている娘もいます。前者の娘と後者の娘は、収入面では桁違いの差があります。
その収入の違いは、故郷の親への仕送りの金額や、旧正月に帰省する際のお土産の豪華さの違いとなって現れます。

一昨年、春節のひと月半ほど前、某都市の置屋からホテルに連れ帰った女の子は、その日が風俗業界デビューだと言いました。
その娘の話をまとめると、
もうすぐ春節だけど、お金がなくてロクなお土産が買えない。同じ工場で働いている同郷の女の子は以前から風俗で稼いで、いっぱいお金を持っている。差がありすぎて、帰省した時に故郷で肩身が狭い。それで、帰省前に風俗バイトをすることにした。

彼女が働いているのは小さな工場ですが、そこの工員の女の子のうち、約半数が風俗系の副業をしているとのこと。副業組との収入格差が心理的圧力になっているよう。
みんなそろって貧しければよいんですが、一部の人だけ高収入だと廻りの娘が困るんです。

女性が売春業を始める経緯は様々でしょうが、ざっくり分けて、
1.強制された
2.だまされた
3.諸般の事情により、ほかに選択肢がなかった
4.諸般の事情のもと、自分で決めた
5.進んで参入した
という感じでしょうか。下にいくほど自由意志の度合いが高いです。

ここでいう「諸般の事情」の具体的内容は時代や国・地域によって様々でしょうが、中国の工場で働く女の子が風俗業界に参入する際の「諸般の事情」は、
「風俗をやっている娘とやっていない娘の間の収入格差」
が大きなファクターになっているように思います。
単純に「貧しいから」ということのほかに、メンツも絡んだ少しややこしい人間関係が背景事情としてある感じです。

「あの娘は大金と豪華なお土産を持ち帰るのに、わたしはこれっぽっち。恥ずかしい。親もがっかりするかも知れない。」
こういう心理が、いまいち気の進まない彼女らの背中を押すんです。

彼女のような「にわか風俗嬢」にとってサウナ(ソープランド)の仕事は重すぎるので、いくとしたら置屋です。
かつてトンガンの置屋は、そういうにわか風俗嬢をたくさん受け入れていました。ショートで200元前後の安価な風俗店にもかかわらず、意外にも小奇麗で立ち振る舞いのしっかりした娘が多かった理由は、少なからず工場や飲食店などでの社会教育を経ていたからだと思います。

一昨年来、取り締まりが厳しくなって、トンガンを始め各地の工場では、平素から副業で風俗をやっている女子工員の数は激減していることでしょう。ということは、非風俗系の女の子に対する心理的圧力も、ほぼ消えているのかな。

僕は、高等性技を駆使するサウナの濃厚なサービスにはあまり興味がなく、むしろシロウト系の女の子が好きなので、にわか風俗嬢の存在は大変ありがたいです。
が、そのいっぽうで、
気が進まないなら、やらない方がいいんじゃない?
と思うこともあります。


ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。