スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国慶節 (建国記念日)

明日まで中国は国慶節の連休です。

国慶節というのは中国の建国記念日です。
1949年10月1日に毛沢東が中華人民共和国の建国を宣言したことを記念する祭日です。

共産中国の建国後、数十年間にわたる政治的混乱と経済政策の失敗で中国は貧困に苦しみましたが、リアリストである鄧小平が市場主義・資本主義を再導入したことにより、経済大国への道が開かれて現在に至ります。

いまや中国は立派な資本主義国ですが、中国では「資本主義」というわかりやすい言葉は使わずに、
「社会主義市場経済」
とか
「中国特色的社会主義」
とかいう不思議な言葉で現在の経済体制を表現します。

まあ、肩書なんてどうだっていいんです。
国が豊かになって、国民生活の底上げが実現できるなら、何主義だっていいんです。

どうだっていいのは経済体制だけではなく、政治体制も同じです。
みんなが豊かになれる政治体制が、よい政治体制である、と中国人はたぶん考えています。
みんなが幸福になれるなら、一党独裁でも、民主主義でも、どっちだっていいんです。

ここ数十年、一党独裁体制のもとで、庶民の生活水準は確実に向上してきました。
劇的に向上した、と言っても過言ではないです。
中国のような複雑で混沌とした社会には、強力な官僚組織による統治が必要なんです。
だから、多くの中国人は、共産党による指導体制を気持ちのうえでも受け入れています。

言論・報道の自由がないから洗脳されて盲目的に受け入れているわけではありません。
普通の中国人は、自国の政権の悪いところや、欧米先進国の政治体制や民衆の暮らしのレベルを、よく知っています。
知った上で、共産党を肯定しているのです。

おもしろいことに、外国の大学院に留学したり、海外駐在経験があったりして、西洋の民主主義国のことをよくよく知っている中国人ほど、
「中国は、まだ当分の間は、共産党の一党独裁体制を維持した方がいい」
とハッキリ言います。

ちなみに、僕も同意見です。
少なくともあと数十年は、共産党という官僚機構による舵取りが続くべきと、僕も思います。
それが中国の一般庶民が幸福に暮らせる道だと思うからです。
ひいては、隣国日本が平和でいられる道でもあります

数年前に、中国の民主運動家がノーベル平和賞を受賞したことがありました。西側諸国のメディアは、中国の民主運動家を好意的に取り上げます。
しかし、こういう活動家は、中国の一般国民にはほとんど支持されていません。民衆に支持されない民主運動家に、どういう価値があるのか、僕にはまったくわかりません。

今後も、少なくとも中期的には、中国で西洋式の民主主義が実施される可能性はありません。
なぜなら、
第一に、民主主義にしたいという民意がないし、
第二に、欧米諸国によって強制民主化されるほど中国は弱くない、
からです。
当面は選挙で為政者を選んで混乱を招くより一党独裁のほうがマシ、というのが、中国国民の民意なんです。現実の自国の社会を冷静に眺めて、リアリスティックに形成された、賢い民意です。

西洋式の選挙民主主義だけが民主主義ではないでしょう。
特定の「お上」(おかみ)が民衆の生活に配慮しつつ執政する、というのだって、ある意味、民主主義です。
そういう意味での民主主義の方が向いている状況だって、ありうるんです。中国で何年か暮せばわかります。アジア式の民主主義です。

中国が西洋のまねをしなければならない理由は、僕には特に思いつきません。

スポンサーサイト

不思議な英訳

最近はネットの機械翻訳を利用する人が多いですが、校正なしで機械翻訳を使うと、かなり微妙な結果になります。

日本の観光庁(国交省)の英文サイトの英語がめちゃくちゃだと話題になったことがありました。

「「秋田」は「飽きた」? 観光庁東北キャンペーンサイトは誤訳だらけ」

英語版では秋田を「tired」(飽きた)と訳した部分があるほか、国の重要文化財にも指定されている男鹿市の「赤神神社五社堂」(あかがみじんじゃごしゃどう)を「five red gods company temples」と訳した。(以下略)


同じことは、隣国の中国でも頻発しています。

原因は機械翻訳

誤訳の原因はおもに機械翻訳です。そのことがよくわかるのがこの事例。

kamihongyaku050.jpg

餐庁は中国語でレストランを意味しますが、その横に書いてある英語は「Translate server error」。
機械翻訳サイトのエラー表示を、そのまま看板に書いたようです。

こちらは、わかち書きをしない中国語ゆえの誤訳例。

kamihongyaku007.jpg

开水(開水)は中国語で熱湯のこと。开水间(開水間)は給湯室です。
しかし、機械翻訳は「開 / 水間」と区切って訳したようです。

「烘手机」はトイレの出口などにある手を乾かす装置。「烘」は火であぶったり乾かしたりすることです。手を乾かす機械なので「烘手机」(「烘手機」)。

kamihongyaku029.jpg

中国語で「手机」は携帯電話です。区切る場所がおかしいから、携帯電話を焼くことになりました。

「发票」は領収書のこと。「开 发票」(開 発票)は領収書を発行すること。しかし、単語の区切りを間違って「开发 票」(開発 票)としたために、こういう誤訳になりました。

kamihongyaku034.jpg

「民族園」は、おそらく、様々な民族の風習を紹介するテーマパークだと思いますが、英訳したら「人種差別主義者の公園」になりました。

kamihongyaku047.jpg

こちらは空港のチェックインカウンターの表示。

kamihongyaku039.jpg

「米」は中国語でもメートルを意味します。「一米銭」は「1メートルライン」のこと。
しかし、機械翻訳は「米銭」をひとつの単語と認識しました。米銭とは、米粉で作った麺で、中国ではポピュラーな食べ物です。

mixian.jpg

で、Please wait outside rice flour noodleという翻訳になったもよう。

「米」関係でもうひとつ。
大米は「お米」のこと。面粉は「小麦粉」を指す中国語です。
kamihongyaku016.jpg

固有名詞は特に酷い

機械翻訳は固有名詞には特に弱いようです。

kamihongyaku019.jpg

看板の「安寧」は地名なので、英語化するなら「An Ning」と発音で表示するのが正解です。「楚雄」も発音をピンイン表記すべきでした。「雄」は確かに「male」なんですけどね。

道路標識に関する同様のミスは、中国全土にあふれているもようです。固有名詞は機械翻訳など使わずに、単にピンインを書けばいいだけなのに・・・



中国の粗悪コンドーム

ネットで見つけたこのニュース

「購入したコンドーム10個に穴 - 3ヶ月で2度妊娠」

四川省成都に住む18歳の小雨は彼氏と同棲していた。セックスの際はコンドームを使っていた。
今年の3月、小雨は妊娠し、中絶手術をした。
その2ヶ月後、小雨はまたも妊娠し、中絶した。

ちゃんとコンドームを使ったのに。

ためしに残っているコンドームに水道水を入れてみたら、水が漏れた。
新しく箱を開けたコンドームを調べると、12個のコンドームのうち、10個に穴があった。

condom-jada.jpg

小雨は、半年間、いつもおなじ店でコンドームを買っていた。
それが、小雨が2度も妊娠した原因だった。

小雨がコンドームを買った店を地元のテレビ局が取材したところ、12個のコンドームに水を入れたら、そのうち7個から漏水した。もっとも酷い一つには、5個の穴があったとのこと。

感想

なかなか全体の底上げにまでは至りませんね。中国は。

中国北京でiPhone6が販売禁止か - 知的財産権侵害との理由で

これは珍事件というべきでしょうか。

北京の知識産権局(日本の特許庁に相当)は、iPhone6とiPhone6 Plusのデザインが中国企業が所有する知的財産権を侵害しているとして、販売禁止(販売差し止め)命令を出しました。
これに対してApple側は、直ちに北京高等裁判所に不服申立てをおこないました。
裁判所の判断がでるまで販売差し止めは保留になるため、今のところ中国内でのiPhone6の販売はおこなわれています。

北京でiPhone6販売停止命令 現地企業の訴え認める (日経ウェブ版)

Appleが侵害したとされている権利は、深圳市の「深圳佰利営銷服務有限公司」が所有する意匠権(中国語:外観設計専利)です。現地の報道によると、この意匠権が登録されたのは2014年7月。iPhone6が米国で発表されたのは2014年9月です。
したがって、中国で時々みられる悪質なケース、つまり他人の製品デザインを見てから、それを自分のデザインとして悪意で登録した、というわけではなさそうです。

100c-2.jpg

これが、中国企業が意匠権を登録したデザインの画像です。

100c-designright2.jpg

似てるって言えば似てるかもしれませんが・・・

しかし、スマホって概ねこんなものじゃなかろうか。

ちなみに、iPhone6はこちら。

iphone6-3.jpg


中国知識産権局の説明によると、

比較してみると、両者の間にはある程度の違いが見られる。しかし、一般の消費者が気づくことが難しい微小な違いである。よって、両者の間には明確な区別がないと認定すべきである。

とのこと。

中国国内でも、この知識産権局の判断に対しては懐疑的な見方のほうが強いようです。中国のマスコミも半信半疑です。中国にしてはずいぶん冷静というか、公正な態度が大勢を占めているもようです。

権利を侵害されたと主張している深圳佰利営銷服務有限公司は、広東省深圳市に登記された会社です。法人登記の要旨はネットで検索できます。設立は2012年6月、登録資本金は2000万元(約3億2千万円)とのこと。

baili.png

佰利営銷服務有限公司の出資者は、深圳市百分之百数码科技有限公司という会社になっています。2006年に設立されたこの会社の所在地は、深圳佰利営銷服務有限公司と同じビルの同じフロアです。

baifen.png

入居しているビルは、外観を見る限りは立派なビルです。深圳市のメインロードである深南大道に近接しています。

baili3.jpg

親会社である百分之百数码科技有限公司は、意匠権登録された名称と同じ商品名の「100C」というスマートフォンを2014年4月に発売しています。子会社名義で意匠権を申請したうえで、親会社が製造販売したということのようです。

こういう経緯から見る限り、Appleの営業活動を妨害する意図で意匠権登録をした、ということではなさそうです。意匠権の登録自体は、普通の正規の営業活動の一環だったのでしょう。

その後、発売されたiPhone6のデザインが自社が登録したデザインに酷似していたので法的手段をとったということですが、似ている似ていないは主観の問題なので、彼らは「似ている」と感じたのでしょう。
さらにもしかしたら、「Appeleから金を取れるかも、ラッキー」なんて考えたのかも知れません。

Youtubeに、その「100C」(100+ V6と同じ機種になります)の実機の製品レビューがありました。



この実機に関しては、普通の平凡なAndroidスマホのデザインに見えます。iPhone6やiPhone6 Plusと特別似ているようには見えません。

しかし、意匠権侵害の判断はあくまで「登録されたデザイン」との比較でおこなうものであって、実機との比較で判断するわけではないので、実機とiPhone6があまり似ていないことは、差し止め命令の当否とは関係ありません。

裁判所の判断はどうなるんだろう?

ハニートラップ防止ポスター 中国版

他国に赴任した外交官や企業人が、現地の諜報機関が仕向けた女性の色仕掛けに籠絡され、国家や自社の機密を漏らしてしまう。ハニートラップというヤツですが、中国は昔からこれが得意です。中国の女性は魅力的ですからね。おちる人もさぞかし多いことでしょう。

2004年には日本の上海総領事館員が中国公安局のハニートラップにひっかかって自殺しました。また、元首相の橋本龍太郎が訪中時にハニートラップにかかった話は、もはや公然の秘密です。
中国では女性を利用した工作活動が活発におこなわれているようです。

しかし中国側に言わせると、
「欧米こそがそういう汚い手を使う奴ら」
ということになるらしく・・・

中国の超大国化にともない、今度は逆に中国の公務員が外国工作員からハニートラップにかけられるケースが頻発しているとかいないとか・・・
たしかに、CIAあたりは中国の諜報機関など足元にもおよばないほどエゲツナイことを平気でやりますもんね。

最近、北京の地下鉄駅構内には、政府の国家安全局が作成した、こんなポスターが貼ってあるらしい。

htch3.jpg

この駅「東単」付近には商務部(日本で言えば経産省)などの主要官庁があります。

漫画形式のこのポスターのタイトルは「危険的愛情」(危険な愛情)。

2902.jpg

ストーリーをかいつまんで説明します。
ピンクの文字が主人公の李ちゃんです。李ちゃんは中国の国家公務員です。

今日ね、外国人の友達のところでパーティーがあるの。李ちゃん外国語を練習したいでしょ。こない?
うん、いく!

僕はDawei。中国の研究をしています。みんなと親しくなりたいです。
李と言います。大学卒業後、公務員試験に合格して、中央政府の対外宣伝部門で働いています。

パーティーのあと、二人は頻繁に逢うようになりました。

君は綺麗で、優しくて、頭が良いね。一目惚れしちゃった。

htch1.jpg

二人は付き合うようになりました。
やがて、Daweiからこんな要求がくるように・・・

君は中央政府の秘密情報に接する仕事をしてるんだろ。学術論文の参考にするだけだから、少し教えてくれないか。
わかったわ・・・これがコピーよ。用が済んだら返してね。
大丈夫。

やがて、国家安全局の捜査員が、李ちゃんのところにやってきます。
手錠をはめられ、連行された李ちゃん

htch2.jpg

Daweiは外国のスパイで、我が国の軍事情報を集めている。
君は国家公務員なのに、機密意識が足りなさすぎる。君の行為は違法行為だ。


知らなかったんです。わたしは利用されただけです。

国家公務員の機密意識を啓蒙するのが目的のこのポスター。
はめる側が男性、はめられる側が女性になっているのはどういうわけだろう。

中国では重要な職に就いている女性はとても多いけれど、それでも今のところ基本的には男性主導の社会です。狙われるなら男性が多いはずですが。

恋愛で籠絡されやすいのは男性よりも女性という発想からできたポスターなのかな?

日本の政治家がフラフラと引っかかりそうな、
「娘くらいの年齢の女性にセックス接待を受けて、写真を撮られちゃった」
みたいなパターンとは、ちょっと違う視点ですね。

話は少しずれますが、日本のテレビにでている元政治家の人が、
「中国に出張したらホテルの自室でいきなり裸の女性が待っていたという話を聞いたことがある」
みたいなエピソードを紹介して、
「中国って、そういう露骨なことをする国なんですねー」
なんてコメントしていますが、これは話が逆ですからね。

中国がそういう露骨な演出をする国なのではなく、日本のおっさんがそういう演出に引っかかりやすいから、わざわざそういうやり方をしているわけなんです。
自然で上品な出会いを演出したほうが引っかかりやすい相手には、諜報機関側もそういう演出をしてくるわけです。当然。

鏡をみて、
「こいつら下品だなぁ」
とけなすような馬鹿な真似をしないでね。
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。