スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄は撮影禁止が世界標準のよう

先日、シンセン地下鉄のホームでカメラを構えていたら、駅員が近寄ってきて、丁重に、
「ここは撮影禁止ですよ。すみませんね。」
と言われた。

素直にカメラをしまったけれど、内心は、
「まったく中国はこれだから。自由な日本を見習えよ。」
と思っていた。その時は。

しかし、ネットで調べてみたら、地下鉄の構内が写真撮影禁止になっているのは、中国に限ったことではなく、世界的にもむしろ普通のことのよう。
のみならず、我が国の東京メトロでさえ、撮影禁止が原則のよう。

東京メトロに問い合わせた人のサイトがあった。


その他の国でも、禁止のところが結構ある。
 
韓国も原則禁止。有事の際に防空壕に転用するので。

台湾はOKだけど、香港は撮影禁止のよう。

インドも禁止。やはり防衛上の理由だそう。

ロンドンも高解像度のカメラは禁止だそうだ。テロがあったりしたからか。

カイロも。

ロシアも。

ニューヨークは観光客の記念撮影くらいなら問題ないようですね。


撮影禁止ということ自体は、全然めずらしいことではないよう。


これは2CHのまとめサイト。いろいろな国の関連情報。


僕の方が平和ボケだったのか。
なんだか、認識を新たにした感じだ。

ちなみに、シンセンの地下鉄も、「撮影禁止ですよ」と言われただけで、撮影したものを消去しろとは言われなかった。その辺は、やや寛容に運用されているよう。

シンセン地下鉄
関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。