マカオ=珠海の地図のずれについて

マカオ=珠海のボーダーであるゴンベイ口岸付近は、航空写真で見るとこういう海岸線になっている。海岸線が「く」の字に曲がる、その角の位置にボーダーの建物がある。

航空写真


このあたりの地図をGoole Mapで見てみると、下のとおり。
不自然な形に海が入り込み、口岸の広場や道路、来魅力假日酒店は海の上。

googlesゴンベイ

よく観察すると、Google mapは、珠海とマカオの境界で、横方向にずれている。マカオが左に(あるいは珠海が右に)数百メートルずれている。そのずれを修正せず、無理に線で結んで海岸線を描いたから、上の地図のような状態になっている。

どうしてこんなことになっているのか、不思議に思ってネットで理由を探してみたら、答えらしきものが見つかった。
下の2つのサイト。

位置情報・地図・GIS講座 「測地系・衛星画像とそれにまつわる問題」

Google Maps China の測地系は中国ローカル?

このずれは、地図上で位置を特定するための測地系(中国測地系(BJ54)と世界測地系(WGS84))の違いに起因するものらしい。

加えて、地政的な配慮によるジャミングがかけられているというのは、いかにも中国的。

関連記事
ベトネベートスカルプ