香港空港から常平 深夜の移動

以前からよくわからなかった香港空港から常平への深夜バスの時刻。

空港のサイトで検索できるけれど、深夜のワゴン車まではカバーしていないよう。

香港空港に到着した折に、第2ターミナル3階のバス会社のカウンターで各社の常平行最終ワゴン車の時刻を聞いてみたら、

華通は10時30分、200HKD
環島は10時30分、230HKD(210RMB)
永東は8時30分、220HKD

とのこと。
こういうのは予告なく変更されそうなので、あまり参考にはならないかも知れないけど。


香港空港バスターミナル



今回乗車したのは、華通の9時15分発の便。
車はトヨタの7人乗りワゴン。ダブルナンバーで、途中の乗り換えはない。
黄江経由、常平行き。

運転手は気合が入りまくりだった。

香港の高速道路を140キロでぶっ飛ばし、ベンツの後尾2メートルにつけて煽って譲らせ、先発の環島の車もぶち抜く、というかっとび走法。
空港を9時20分に出て、10時2分には中国側のイミグレを通過していた。
このまま行けば、11時頃には常平につけるはず。

と思いきや、ゲートを越えた所で運転手が入管の事務所に呼ばれ、なかなか戻ってこない。路肩で待つこと20分。

運転手が解放されるのを待って、シンセン市内を高速入口へ向かう。
ところが、途中で降車するはずだった女の子がボーとしていて降り忘れたことが発覚し、シンセン市街地でUターンして逆戻り。これで、さらに15分くらいロスした。

シンセンから常平への高速ではメーター読みで160キロオーバーを体験した。
この速度で走行する自動車に乗ったのは初めて。
155キロを超えると景色の見え方が一変することを知った。

で、結局、常平についたのは11時30分くらい。
途中の2度のタイムロスがなければ、11時前に着いていたかも。
さらに、もしも黄江の降車客がいなければ、常平直行でさらに早そうだ。ここは運次第。

---

ちなみに、もしもこの最終に乗れなかった時の身の処し方は、以前、書きました


関連記事
ベトネベートスカルプ