スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広東省の風俗と性病 (HIV・梅毒の感染率)

このところ、微博を中心に、「常平のKTVで165名のエイズ患者が見つかった」という噂が流れている。
この噂にはいくつかバリエーションがあって、「天津のKTVで…」、「大連のKTVで…」と地名だけ変えたものが派生している。常平バージョンはたくさんあるバリエーションのひとつ。
 
常平鎮政府の衛生当局は、昨日(8月9日)、マスコミをとおして「まったくのデマである」とコメントした。こんな噂に対していちいち政府がコメントを出すのは、「大丈夫だから常平に遊びにきてね」という観光客誘致の一環だろうか。大切な地場産業ですからね。

今回のことはデマでよかったわけですが、この話はデマであるとしても、中国の風俗業界にHIVやその他の性病の感染者が少なからずいるのは事実。

広東省の売春婦を対象としたHIVウイルスの検査で初めてHIVキャリアが発見されたのは1998年。売春で摘発されて収容教育を受けている女性1439人を検査した結果、2例の感染者が発見された。感染率にして0.14%。
このあと、感染率は一気に上昇する。

2000年代に入り、HIV感染率は1%を超えた。
危機感をもった衛生当局は、売春禁止のはずの中国で、売春婦に対してコンドームの使用を推奨するという思い切った措置にでる。これにより広東省の風俗産業でのコンドーム使用率は上昇し、梅毒やHIVウイルスの感染率は低下した。


HIVと梅毒の感染率

広東省の防疫についての資料が百度文庫にあった。
政府機関(広東省エイズ防治研究所)の研究者が作成した論文。

『广东省艾滋病流行概况及控制策略』(林鹏ほか著) 百度文库
http://wenku.baidu.com/view/06ce3ad249649b6648d7474b.html

下の画像はこの論文のプレゼン資料。
広東省の売春婦の梅毒とHIVウイルスの感染率をグラフ化したもの。

グラフ3

2003年の梅毒の感染率14%にはちょっと驚く。
2003年と言えば、すでに多くの日本人が広東省の各地で仕事をしていた時期。夜の街にも出かけていた。今思えば、弾丸の雨をくぐって遊んでいたわけ。被弾した人もいたでしょう。
2003年をピークに感染率は低下に向かったが、2007年の約5%でもまだ十分に高い。

HIVウイルスの感染率は2002年~2003年あたりで1%を超えてピークに達したが、当局による衛生指導が功を奏して、2007年には0.21%まで低下した(摘発された売春婦961人を検査した結果、2例のHIV感染者が発見されたとのこと)。


売春時のコンドーム使用率

下の画像は、広東省の売春婦を対象に調査したコンドーム使用率のグラフ。
青線が示しているのは「必ず使用する」と答えた者の割合で、2007年の時点で約80%。使わないと回答した人の割合(ピンク色の線)は近年非常に低くなっている。
コンドーム使用率の上昇と性病感染率の低下がリンクしていることがわかる。

グラフ1



薬物使用者

薬物常習者は不衛生な注射針を使い回しするので、HIVに感染する率が高い。上に引用した論文では、その感染率の調査結果も紹介されている。

2005年の時点で、広東省で薬物中毒治療施設に収容されている10700名のうち558名(5.5%)がHIVキャリアだった。
2007年には11275名中436名(3.87%)まで低下したが、極めて高い感染率であることに変わりはない。

彼ら(彼女ら)のうち約30%は売買春の経験がある。その売買春の際に毎回コンドームを使用したと回答した人の割合は10%以下だった。男性の薬物常用者から風俗業界への二次感染がおこっている可能性もありそうだ。



東莞の風俗業界では

常平を含む東莞の売春婦のHIV感染率は、広東省全体の数字よりも高い。

南方都市報 「东莞暗娼艾滋感染率约0.4%」 
http://gcontent.oeeee.com/4/56/456ac9b0d15a8b7f/Blog/979/92ff75.html

2009年の時点での感染率は約0.4%とのこと。
当局が掲げる目標は、東莞市の娼婦のHIV感染率を2015年まで常時1%以下に抑えることなのだそう。

http://www.dg.gov.cn/business/htmlfiles/cndg/s1272/201306/645099.htm

東莞市は、この6月にも、エイズ対策の具体的施策に関する計画を発表した。

东莞市遏制与防治艾滋病行动计划
http://www.dg.gov.cn/business/htmlfiles/cndg/s1272/201306/645099.htm

しかし、「1%以下」という目標は、仮に成功したとしても、なんだかあまり安心できない数字だ。
結局は自衛が大切ですね。


関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。