鶏の住宿登記

珠海蓮花路のホテルで、深夜24時頃に鶏を連れ込もうとしたおっさん2人が、フロントで止められているのを見かけた。連れている鶏2羽の住宿登記を要求されていた。
ホテル入口まで同行してきたオババに「ほらほら登記しなさい」なんて言われて、2羽の鶏が身分証を出して住宿登記をしていた。

こういう場合、おっさんの同宿者として住宿登記するんだろうか。

男女同宿の場合の住宿登記や結婚証明書の扱いは、時期や地方によってコロコロ変わるわけですが、今の珠海の扱いは、「結婚証明書不要」かつ「宿泊者全員が身分証提示して住宿登記」になっているんでしょうか。

ちなみに、2010年には広州市で男女同宿の際の結婚証明書の提示を徹底させるという動きもあった。http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=43185
こういう扱いだと、鶏を同宿者として登記するのは不可能なわけですが。

2人で泊まる場合の住宿登記については、同宿者のうち1人が身分証を出せばよいという話もよく聞くけれど、実際の運用はまちまちで、「どの地方でも、いつでも、必ずこうだ」という決まった取り扱いはない。

それにしても、鶏を自分の同宿者として住宿登記するのはちょっと勘弁してほしい。住宿登記の記録はすべて公安局のデーターベースに入り、公安関係者ならオンラインで数年間さかのぼって検索可能。パスポート番号を入れれば、いつどこのホテルに誰と宿泊したか、すべて検索されてしまう。

ちなみに、いわゆる私立探偵のようなところに頼めば、一般人でも検索結果を入手可能。ネット上にはそういう業者の広告がたくさんある。

用事は早い時間帯に済ませておくのが無難かも。


 
関連記事
ベトネベートスカルプ