スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港空港=常平 直通ワゴン車の往復チケット

香港空港と常平の間の直通乗合ワゴン。一度乗ってしまえば、あとは何も考える必要なく常平の中心地まで連れて行ってくれる。便利この上ない。
この乗り合いワゴン、乗車する前にチケットを買うのだけれど、値段は、買う場所によってまちまち。できるだけ安く買いたいのは言うまでもないです。

最近気がついたのは、華通の乗り合いワゴンの往復割引チケット。
香港空港第2ターミナルの華通のカウンタで、常平までの「往復チケット」を、350HKD(香港ドル)で購入できる。

華通は変わった(というかアバウトな)会社で、香港空港のカウンターでチケットを購入する場合、その値段は、香港ドルでも人民元でも同じ数字に設定されている。
つまり、
片道だと200HKDまたは200RMB
往復だと350HKDまたは350RMB。
人民元と香港ドルのレートが今ほど乖離していない頃に設定してそのままになっているんでしょう。

huatong2.jpg


当然、人民元ではなく香港ドルで払ったほうがお得。
350HKDということは、約290人民元だから、片道あたり145元。


◇◇

比較してみると次のとおり。
常平で復路の片道チケットを購入する場合、匯華酒店(フイホア・ホテル)1階の華通の常平オフィスで購入すると、定価販売の200人民元。
常平市内の旅行代理店で買うと割引になるけれど、たとえば好運大酒店1階の旅行社は先日は180人民元だった。
比べると、香港空港で往復チケットを買う方がかなり安い。

◇◇

常平から香港への復路の日程は、チケット購入時に指定してもよいし、オープンにしておいてもよい。オープンにした場合、乗車前日までに華通のオフィスに電話して指定することになっている。
電話では不安な人は、匯華酒店(フイホア・ホテル)1階の華通の常平支店に出向いて予約すれば確実と思います。

なお、帰路の予約は、車の手配の都合もあるので、前日ではなく早めに指定した方がよいと思います。
特に、早朝や夕方以降に移動する場合、常平から香港空港まで一人しか乗客がいないこともあります。自分だけのために車を手配してくれているわけです。
こういうケースだと、予約の連絡が遅れると、最悪、車が手配できない可能性もあります。華通の事務所の女の子は、「どんなときでも、できる限り手配する」という言い方をしていましたが。

なお、
「香港空港では、どこでバスのチケットを買うの?」
という定番中の定番の質問のある方は、下のイラストをどうぞ。

skylimo_hkg.jpg


香港空港の到着は第1ターミナル。バスターミナルへはイラストの矢印のとおり歩いて、第2ターミナルに移動します。チケットカウンターは下の写真のとおり。

香港空港バスターミナル

東莞への乗合ワゴンは3社(永東、環島、華通)が運行しており、競争関係にある3社のカウンターが同じ場所に並んでいるので、その付近まで行けば、どこかの会社の人が向こうから「どこに行きますか」と声をかけてきます。片道チケットなら、どの会社も似たような値段です。
「常平」(チャンピン)と言えば、しかるべきチケットを売ってくれます。いずれもちゃんとした会社なので、ぼられる、だまされる、などの心配は無用です。

チケットを買ったら、会社の人の指示に従って、出発時刻までその付近で待機します。
おいて行かれないように、なるべく目立つところをうろうろしていましょう。


tianerhuad.jpg



関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。