スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANA 羽田-北京、上海線で便数を倍増へ

ANAが、上海、北京行きの羽田便を倍増させるという報道。

ブルームバーグ 
「全日空:羽田-北京、上海線で便数を倍増へ-日中の航空自由化合意で」

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M8FJTO6JIJV701.html

さらに本文中には、来年3月から、羽田-広州便も、日中双方で1日2便ずつ開設とあります。現状での広州便の不便さを考えれば、これは画期的。

なにより嬉しい『羽田発着』。
個人的には、成田空港への往復のあるなしで、東京・中国間の移動の疲労感が数倍違うので。

現状では、中国・香港への羽田発着便は常に相当な混雑ぶり。
マイルの特典航空券で羽田発着便をとるのは至難のわざ。
増便で少しは状況が緩和されるか。


できればさらに、JAL、ANAが数年前に飛ばしていた羽田・香港の夜行便も、復活させてほしいのですが。これは無理か。あの便で、羽田の仮設の国際線ターミナルから、週末にマカオに弾丸旅行に行った思い出のある方も多いと思います。懐かしいなあ。

関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。