日本人がパンツを盗撮 @上海地下鉄

中国にいれば、こんなことせずとも、いくらでも楽しい思いができるだろうに。

日本人の男性が、上海の地下鉄で女性のスカートの中を盗撮したというこのニュース
最近は中国在住の日本人が爆発的に増えているので、いつか誰かこの種のことで捕まるだろうと思ってはいました。

犯行現場は、上海地下鉄2号線の静安寺と南京西路の間。
東京でいえば、千代田線の表参道と明治神宮前の間というイメージか。地上には高級ブティックが並ぶ、おしゃれな街。
走行中の地下鉄の中で、若い女性が声をあげ、周囲の乗客が日本人男性を取り押さえ、警備員に引き渡したという経緯。

乗客がその場で携帯電話で日本人男性を撮影し、ネットにUpした

男性の胸倉をつかんでいる女性が被害者でしょうか。上品な美人ではあるものの、お歳は30overのように見える。
日本だと、普通は女子高生のスカートを盗撮するもんですが。


ちなみに、中国の女子高生は登下校時にスカートをはいていないので、パンツの盗撮は原理的に不可能。
中国の女子高生の服装を見たことのない人のために、参考までに写真を張っておきます。だいたい中国全土どこに行ってもこんな感じ。

zyoshi.jpg


登下校時には、こういうジャージを着て歩いてます。
パンツはおろか、膝小僧も見えません。



中国のメディアは、犯人逮捕の段階では、普通はあまり顔や氏名を流しません。
しかし、この件では、捜狐の動画ニュースでも、あっさりモザイクなしの顔が公開されちゃってます。これも尖閣諸島国有化の影響か。そんなわけないか。

视频:日本人在上海地铁偷拍女性裙底


◇◇

中国にも痴漢はいるし、なかには体液を塗りつけるような悪質なものもある。
しかし、スカートの中を盗撮、というのは、10億台の携帯電話が出回っている中国でも、あまり聞きません。
極めて日本人的心情に根ざした犯罪なんでしょうかね。


関連記事
ベトネベートスカルプ