香港の薬局でバイアグラ・シアリスを入手する


香港やマカオでも市中の薬局でバイアグラやシアリスを購入する際には処方箋が必要なことになっている。
マカオの薬局では、この原則が比較的よく守られている。
一方、香港ではそうでもない。実態としては、処方箋を確認しているのは、Watsonsなどの大手チェーン薬局のみ。一般の薬局で処方箋を要求されることは基本的にない。

日本から香港経由でマカオに遊びにいくとき、もしED薬が必要なら、途中の香港で入手していくと便利だと思います。

尖沙咀で買うなら

九龍半島側で購入するなら、便利なのは尖沙咀にある薬局。ここなら、観光のついでに寄っていける。
尖沙咀の地下鉄の出口(EまたはH)を出て、ネイザンロードの重慶マンション向いの北京道を入り、50mほど先の樂道(Lock Road)を右折、左側の数軒目が薬局。ここで尋ねたら、シアリス20mg錠の4錠入りのパッケージが380HKDとのこと。1錠あたり100HKD以下なので、中国本土で購入する1錠(20mg)128人民元のパッケージ品よりも安い。バイアグラの値段は聞き忘れました。
(※ 20140810追記 現在、多少値上げされています。)

この薬局のおばさんは、この種の薬を買いにくる日本人に慣れているらしく、用件を伝えるとすぐに紙に値段を書いて見せてくれる。値段は交渉で多少安くなる。

香港でのシアリスの一般的な漢字表記は「犀利士」。これは、Cialisの音訳です。パッケージには英語と漢字が併記してある。

Cialis hongkong

北京道をもう少し先に進んだ右側にも薬局があるが、こちらは少し値段が高い。同じシアリス4錠パッケージを480HKDで売っていた。1錠あたり120HKD。
それでも中国本土で1錠入りパッケージを買うよりは少し安い。

ちなみに、香港の市内各地にある「Watsons」で医師の処方箋を提示して購入する場合、シアリス1錠(20mg)が150HKD程度(とWatsonsの店員が言っていた)。
この価格は、中国本土で売られている同じ1錠(20mg)入りパッケージ品とほぼ等しい。


(付記:香港からマカオへ)

上記の薬局で調達に成功したら、そのまま北京道を直進すると左側に地下道(下図の黄色の道)の入口がある。

chikado.jpg

階段を降り、地下道を終点まで5分ほど歩いて、ブランドショップが並ぶ広東道(Canton Road)に出たら、右方向に歩いて行くと、金ピカの外壁のビルがある。
これが中港城(China Hong Kong City)。マカオや珠海へのフェリーのターミナル(中港城碼頭)はこのビルの中にある。

chinahongkongcity.jpg

なお、このフェリーターミナル(中港城碼頭)の中には、マカオのサウナや浴室のクーポンを買える旅行社はありません。クーポンを買いたいならば、香港島の上環にあるシュンタックセンターのフェリーターミナル(港澳碼頭)を利用してください。
その場合、以下に説明する中環(セントラル)の薬局を利用すると便利だと思います。


香港 中環(セントラル)で買うなら

香港国際空港からマカオに向かう途中で購入するなら、エアポートエクスプレスの終点である香港駅付近、つまり中環(セントラル)の薬局で購入するのが便利。
香港駅の上にあるショッピングモール(IFCモール)に入っている薬局は大手のWatsonsなので、バイアグラやシアリスを買うには処方箋が必要。
旅行者がさくっと入手するには、ビルを出て街なかの薬局に行く必要がある。

cialis hongkong3

香港駅でエアポートエクスプレスを降りたら、エレベーターでP1フロアにあがり、ペデストリアンデッキを歩いて大通りの干諾道(Connaught Road)を越える。

ちなみに、このペデストリアンデッキ、日曜日には大勢の出稼ぎフィリピン人がコンクリの床にダンボールを敷いて弁当を広げている。彼女たちは、平日はメイドなどの仕事をしていて、日曜日には無料で過ごせる公共スペースに集まって楽しく過ごしている。これも香港名物の一つだ。
なかには、下の写真のようにダンボールハウスを作ってしまっている人もいる。通路の三分の二を占拠していても、当局は退去を命じない。実におおらか。

filip.jpg

干諾道(Connaught Road)を越えたら地上に降りて、中国銀行の左横の砵典乍街(Pottinger Street)を入っていく。

cialis hongkong2

トラムが走る徳輔道を越えて、さらに砵典乍街を数十メートル行った左側に薬局がある。オフィス街なので、閉店は午後7時と早く、日曜は休み。

renan-pharm-2.jpg

購入できたら、駅ビルのペデストリアンデッキに戻り、左方向(西方向)に5分ほど歩けば、マカオフェリーターミナルがあるシュンタックセンター(信徳中心)に着きます。サウナのクーポンを売っている旅行社も、シュンタックセンターの中にあります。

付記:ジェネリック薬品

シアリスもバイアグラもすでに有効成分の特許が切れているので、ジェネリック薬品がでています。参考までにジェネリック薬品の海外での販売価格(個人輸入価格)は、以下のとおり。もとの薬品の四分の一程度の価格で入手できます。


関連記事
ベトネベートスカルプ