スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカオの安宿 風俗賓館の近況について

マカオの賓館の状況についての雑文です。
このジャンルでの今年一番のニュースは、富城賓館の経営方針の転換でしょうね。ここ数年、この手の話題の中心的存在でしたから。Youtubeに富城賓館のロビーを盗撮した動画があがっているようですが、今後はあの状況は見れなくなるんでしょう。

想像するに、中国本土からの観光客が増加して、マカオのエコノミーホテルの需要が増えているのかな。立地は良いので、改装して中国本土からの一般観光客を受け入れれば、まだまだ商売になるという計算でしょうか。

さて、今回、新馬路の風俗賓館エリアをさらっとみてきました。
マカオの安宿エリアを散策するには、3路の路線バスを「栢港停車場」で下車すると便利。
バス停の後ろに写っているのはポンテ16の建物です。

macau_201211_02.jpg

バスを降りたら、新馬路方向へ。3本目の通り(新馬路の一本手前の道)を左折。富麗賓館が見えてくる。


富麗賓館

宿代は、シングル400、ツイン500、週末はそれぞれ+100。室内の写真は以前の記事をどうぞ。
このホテルは宿泊の予約は受け付けない。午後遅くに行くと常に満室になっているので、ここに泊まるつもりなら昼ごろには行く必要がある。

macau_201211_03.jpg

あいかわらず、ここはレベルが揃っている。ただ、値段はちょっと。
今のカルテル価格は500。オプション(Chui)は+100。合計600


【追記】 富麗賓館は2013年に全面改装し、ホテル名も変更となり、女の子らは追い出され、一般の健全なホテルに生まれ変わりました。


富城賓館

富麗賓館の角を右折して進むと、新馬路を越えた先に富城賓館がある。
最近は、ロビーはコンクリートむき出しのスケルトン状態で、改装中。

macau_201211_05.jpg

これだけ費用をかけて改装するからには、英京賓館や東亜賓館と同様、経営方針変更は確実でしょう。
工事中でもホテルは営業している。シングルの宿代は、月~木が480、金曜は650、土曜は730、とのこと。こうなってくると、安宿とは言えない。ここに泊まるくらいなら、もう少し出してちゃんとしたホテルに泊まった方がずっとよいかと。
ちなみに、今年から可能になったAgodaでの予約価格は、平日654HKD(税サ込)、金曜796HKD(同)、土曜980HKD(同)。

【追記】 富城賓館は、2012年の改装工事を経て、一般の健全なホテルになりました。


和平大旅店

富城賓館の右側の路地を入り、次を左折、商店街を直進すると、文華賓館の向かいに和平大旅店がある。
「冷気電視」(エアコン&テレビ)と大書してある門構えが何ともいえずよい。
泊まるつもりはないのだけれど、宿代を一応聞いてきた。
170、200、250、270。
270(ツイン)はシャワーエアコンテレビ付。
250は未確認。
200(シングル)はシャワーエアコン付。
170(シングル)はシャワーもエアコンもなし。
週末は、上2つは+20。下2つは+10。

macau_201211_06.jpg

鶏は5羽。いずれも20台後半。200。オプション料金があるかは不明。


ちなみに、対面の文華賓館は、まったくまっとうなホテルになっている。


大来賓館

和平大旅店の次の十字路を右折した突き当りが大来賓館。またここに来てしまった・・・

macau_201211_08.jpg

宿代を聞いてみたら、シングル360、ツイン400、週末はそれぞれ+100。ずいぶん高くなった。ちなみに、住み込みの鶏も、一般の宿泊客と同じ金額を毎日払わされている。

入口の階段はみすぼらしいけれど、室内は富麗賓館と似たようなもので、寝るだけなら十分。

macuo_201211_16.jpg

この日、夕方6時の時点でシングルは満室になっていた。試しにツインの値段交渉をしてみたら、380まではすぐに下がった。ほんとに泊まるつもりならもう少し行けそうな感じでした。
前回来たときシングルの値段を尋ねたら360HKDと言われ、もともと泊まる気はないので帰りかけたら、いきなり300まで下げてきた。「じゃあいい、帰る」は全世界共通の値段交渉のパターンですね。

鶏は6羽。全体では10数羽とのこと。200で、オプションは100。レベルはまちまち。


東方旅店

大来賓館の一本手前を左折すると、東方旅店。
宿代を尋ねたら180で、週末は+20とのこと。安いけれど、エアコンなしバスルームなし。共用のシャワーとトイレがある。
宿のおばさんは、何だか投げやりな雰囲気だった。付近の安宿が次々と改装して小奇麗に変身していくなかで、客は減っていくし、だからと言って全面改装して状況を一新する気力も費用もない。そういう歳でもないし、そろそろ商売を畳みたいと思っているのかも。

ちょっといい感じの鶏もいました。しかし、ここはシャワーが共同のはず。シャワーなしの勝負になるのかな。値段を尋ねたら200とのこと。オプション料金があるかは未確認。


まとめ

安いホテルに泊まりたいなら、珠海に出た方がよいかと。


関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。