スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイアグラ、シアリスの個人輸入について


以前に、中国の薬局でバイアグラやシアリスを購入した話を書きました。中国では日本と違って処方箋なしで普通にこれらの薬を購入できます。

海外で購入したバイアグラやシアリスを海外で使用している限りは日本の薬事法の規制は受けません。
しかし、海外で購入したあと日本に持ち帰ったり、海外から通信販売で日本に郵送してもらう場合には、日本の薬事法が定める条件をクリアする必要があります。

この稿では、海外からのバイアグラやシアリスの持ち帰りや個人輸入が許される条件について、薬事法の規定を参照しつつ、見ていきます。


1.医薬品の個人輸入に関する原則

日本の法律では、医薬品の個人輸入は一定の条件のもとで認められています。その条件とは、

「自己使用のための輸入」

であることです。

ここで言う「輸入」には、海外旅行先で購入した医薬品を帰国時に持ち帰ることも含まれます。

自己使用のための輸入であるか否かは、税関でチェックされます。そのチェックの方法には、原則的な方法と、例外的に簡易な方法で済む場合の2通りがあります。

まず、原則的な方法は、以下のとおりです。

1.医師の処方箋(または服用指示書)を含む必要書類を各地の地方厚生局(厚生労働省の出先機関)に提出し、審査を受け、証明書(薬監証明)を発行してもらいます。必要書類がそろっていれば、その日のうちに証明書をもらえます。郵送で申請した場合は、翌日には証明書が発送されます。

なお、必要書類として医師の処方箋(または服用指示書)が要求されている理由は、本人がその医薬品を必要としていることを証明するためです。

→ 薬監証明に関する説明、提出書類、照会事例など(関東信越厚生局)
→ 必要な添付書類の書式(関東信越厚生局)


医師の服用指示書の例

服用指示書


2.上記1により取得した証明書(薬監証明)を、バイアグラやシアリスを通関する際に税関に提出し、通関手続きをおこないます。


つまり、バイアグラやシアリスの個人輸入には、結構面倒な手続が必要になるわけです。これなら普通に国内の薬局で処方箋を提示して購入するほうがずっと簡単です。

しかし、例外的に簡易な手続で済む場合もあり、ほとんどの人はこちらの方法によってバイアグラやシアリスを国内に持ち込んでいます。


2.例外規定

個人輸入に関する上記の規則には例外があります。

輸入しようとする量が一定量以下の場合には、税関への証明書(薬監証明)の提出が免除されます。よって、医師の診断を受ける必要もありません。
海外旅行の際に購入して日本に持ち帰る場合も、一定量以下であれば同様に事前手続が不要となります。



この例外規定によって証明書(薬監証明)なしに個人輸入(または持ち帰り)できる医薬品の量は、

一般の医薬品 用法用量からみて2カ月分以内
処方箋薬等  用法用量からみて1カ月分以内

とされています。
バイアグラやシアリスは処方箋薬なので、1か月分の使用量が上限となります。

→ 厚生労働省 医薬品等輸入報告書(薬監証明)の発給を要せず個人輸入可能な医薬品等の数量について




3.1カ月分の使用量とは

ところで、バイアグラやシアリスの1カ月分の使用量って、どのくらいでしょうか。
風邪薬なら1日3回2錠づつ、というような決まった用法用量がありますが、バイアグラやシアリスを1か月に何錠服用するは、人によって違います。

ただし、1ヶ月に使用できる上限は想定できます。
たとえばシアリスの場合、日本での販売元である日本新薬の説明書によれば、通常の使用量は1回5mgまたは10mgで、服用の際は24時間以上の間隔をあけなさいと書いてあります。
バイアグラの場合、ファイザー製薬のサイトには、1回25mgまたは50mgで、24時間以上の間隔をあけることが必要と書いてあります。

→ 日本新薬 患者向医薬品ガイド
→ ファイザー製薬 「EDの理解からバイアグラの適正使用まで」


上記のメーカー推奨の用法用量を前提とすると、毎日使用すると仮定した場合の1ヶ月の使用量は以下のとおり計算できます。

(シアリスの場合)
海外でよく売られている20mg錠を半分の10mgにカットして1日1片服用すると、1か月で15錠(30片)消費する。シアリス4錠入りのパッケージだと4箱程度。

(バイアグラの場合)
海外でよく売られている100mg錠を半分の50mgにカットして1日1片服用したとすると、1ヶ月で15錠(30片)になる。

常識的に考えれば、このくらいが1ヶ月の使用量の上限、つまり地方厚生局の証明書なしで個人輸入できる上限でしょう。
海外旅行の際に購入して日本に持ち帰る場合も、この程度の量が上限になると思われます。



もっとも、個人輸入代行業者の日本語サイトを見ると、30錠入りのボトルが販売されています(バイアグラだと100mg錠×30、シアリスだと20mg錠×30)。とういうことは、実務上はこの程度の量まで問題なく通関できているようです。
シアリスの1回の使用量の上限は20mg、バイアグラの上限は100mg。毎日この上限まで服用すると1か月で30錠消費する計算に一応はなります。
しかし、これほど大量に服用することは、どちらの薬でも推奨されていません。実際にそんなに使う人もいないでしょう。そのあたりは税関当局が大目に見てくれている、ということでしょうか。


4.譲渡・販売の禁止

個人輸入したバイアグラやシアリスは、他人に販売できないことは当然として、さらに無料で他人にプレゼントすることも禁止されています。
他人に頼まれてに買ってくる行為もアウトです。香港旅行のついでに友人に頼まれたバイアグラを買ってくる、という行為も薬事法違反になります。

ちなみに、個人輸入代行業者のサイトには、「バイアグラやシアリスの送付先は男性の個人名義に限られる」と書いてあります。旦那さんに使ってもらう目的で奥さんが個人輸入することも薬事法違反になります。

また、通販の送付先が勤務先(会社)だったり郵便局留めだったりすると、税関で留められて、電話がかかってくるそうです。

いろいろと気をつけたほうがよさそうですね。

付記:ジェネリック薬品

シアリスもバイアグラもすでに有効成分の特許が切れているので、ジェネリック薬品がでています。参考までにジェネリック薬品の海外での販売価格(個人輸入価格)は、以下のとおり。もとの薬品の四分の一程度の価格で入手できます。


関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。