下川島のホテルのオンライン予約 ほか

今年の夏は暑くなりそうですね。

ということで、風俗&プチリゾートの島、広東省の下川島に関する小ネタです。
いまさら感のある下川島ですが、もしまだ行ったことがないならば、一度くらいは行ってみてもよいんじゃないでしょうか。とりあえず話のネタにはなりますから。


shimokawajima.jpg



下川島でのお遊びの注意点は、
1.「サービス」は期待できません。
2.初級中国語必須 (もしくは、指差し会話帳のご持参を)。
3.人民元への両替は、珠海で済ませておきましょう。
4.船の欠航がありうるので、余裕のある日程で。
というあたりでしょうか。


1.Agodaで予約できるホテル

下川島にはホテルはいくらでもあるんですが、中国語の不得手な日本人だとぼられることがあります。以前、僕と同じホテルに泊まっていた日本人男性は、僕の2倍の金額を払わされていました。
中国に慣れていない人は、ネットで予約するほうが適正価格で泊まれるかも知れません。

下川島に遊びにくるのは中国人や台湾人や香港人がほとんどなので、日本語で予約できるサイトに登録しているホテルはなかったのですが、最近ようやく1軒だけ、豊華酒店(Fenghua Hotel)が「Agoda.jp」に登録されました。
 
オンライン価格は、税サ込の総額で1泊2,903円(日本円)。今のシーズンにこの価格なら、高くないと思います。特筆すべきは、週末も同じ料金であること。直接予約なら、たぶん週末は倍額以上でしょう。利用価値ありそうです。

上のリンク先には地図もありますが、下川島ではなく隣の小島にマーカーが立っています。これはマーカーの打ち間違い。実際は、ちゃんと下川島の王府洲旅遊区の中にあります。
ホテルのホームページにある数枚の写真から推測するに、王府洲旅遊区の入口ゲート付近に立地しているよう。海や置屋までは徒歩で数分でしょう。

xiachuandao hotel


すでに衰退期にあると言われる下川島ですが、風俗の島としてのレベルは低下しても、一般の観光地としての集客力は、民衆の所得の増加とともに高まっていくんでしょう。
女性だけのグループで下川島に旅行に行く人も、最近では少なくないようです。
そういう意味では下川島の観光業にもまだ未来はあるんでしょうね。


2.下川島のホテルのホームページ

いつの間にか、下川島のホテルのホームページがいくつも立ち上がっていました。
ICPの登録時期からみて、一昨年から昨年初夏にかけてぱらぱらと作成されてきたよう。

サイトとしてちゃんと作り込んであるのは錦江大酒店のサイト。予約フォームもある。

錦江大酒店  http://www.tsjinjiang.com/

錦江大酒店



その他のホテルは、よそのデザインを真似てすませている感じ。
テンプレートを使い回しているようにも見える。

豊華酒店   http://www.fhhotel.cn/ (←上で紹介したAgodaで予約できるホテルです)
南海酒店   http://www.nanhaihotel.cn/Default.aspx
海都酒店   http://www.haidu.gd.cn/
銀海湾酒店  http://www.yinhaiwan.cn/
海浜閣酒店  http://haibinge.com/

部屋の写真が見れるので、参考になるかと。


3.どなた?

昨年5月頃の地元新聞のコラムですが、下川島に遊びにきた日本人男性について、変わった取り上げ方をしていました。

「江門日報」電子版 http://e.jmrb.com/m/2012/05/02/02/m_308597.shtml

「日本からの御礼状」

下川辺防派出所は、2010年3月3日、日本の神奈川県から御礼状を受け取った。
簡単な中国語で、「500元を貸していただき、ありがとうございます。11000日本円=800人民元」と書いてあり、11000日本円の紙幣が挟んであった。

2009年11月24日、40代の日本人男性旅行者が、下川島のあちこちで通行人にお金を貸してくださいと頼んでいた。しかし、見知らぬ人であるし、言葉もよく通じないので、誰も彼にお金を貸さなかった。これを知った派出所の警官は、彼を見つけて、日本語の通訳を手配して事情を聞いた。

「私が街で彼を見つけたとき、彼は非常に動転していた。我々の手を掴んで何か言おうとした。通訳を通して事情を聞いたところ、彼は珠海で入国した際に荷物を紛失し、この島で遊んでいるときに不注意で財布とパスポートを紛失した。
我々はみんなで500人民元を出し合って、交通費として彼に渡し、日本の領事館への行き方を教えた。我々はこのことをとっくに忘れていた。お礼状をもらうとは思っていなかった。」


こういう「ちょっといい話」だと、紙面上に実名を書かれかねない。書かれなくてよかったですね。
言葉も通じない外国で、一文無しになり、パスポートもなくしてしまった、その心中、ご察しいたします。しかし、何でそんなにいろいろ失くすかな。
売春めあて(?)の来島であることを匂わせる記述が一切ないのは、同じ日本人として誠に喜ばしいことでした。


関連記事
ベトネベートスカルプ