スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵州 淡水のサウナ その3

久々に、恵州の淡水に遠征。

今回は、いつものNRホテルKTホテルではなく、町外れのXLL大酒店まで足を伸ばしてみた。町外れといっても、ウォールマートからタクシーで25元程度のところですが。




ホテルの正門を入ると左側がサウナの建物。
玄関を入っていくと、制服を着た男性従業員が丁重に迎えてくれます。
顔見せは1階の広い部屋。ずらっと並びます。午後4時頃の時点で、20人×2くらいでした。500~700。

中国のサウナの場合、値段と身長には相関関係があって、小柄な娘はあまり高いクラスにはならないんですが、この店は身長と値段がリンクしていない。
155㎝くらいで華奢な体型でも700の娘がいた。かわいい系。
日本人が好きなのはこういうタイプですね。

男性店員に、「日本人は来るか」と尋ねたら、たまには来るが少ないとのこと。
韓国人は来るか、と尋ねたら、韓国人は来ないが、アフリカ人が来る、というので、少し驚いた。
中国は日本人が想像している以上にアフリカとの結びつきが深い。だから多くのアフリカ出身者がやってきて、広東省の工場や工事現場で働いている。そういう出稼ぎアフリカ人が、サウナに骨休めにやってくるらしい。

アフリカからはるばる出稼ぎにきて稼いだ貴重な金をサウナなんかで使うのか? という疑問があるかも知れないが、そりゃー使うでしょう。ちなみに、日本の居酒屋で働いている中国人男性だって、池袋の風俗に行ったりしている。


さて、僕が選んだ娘は、湖南妹。
1巡目で気になったので保留にしつつ2巡して、結局最初の保留の娘に決めました。
湖南省株洲の出身とのこと。株洲の出身者も、広東省の風俗業界ではよくみかけますね。

小柄で華奢、可愛いタイプで、日本人のような顔をしている。
よく笑う、感じのよい娘。
湖南省の専門学校を出たが就職が見つからず、半年前に淡水にやってきてサウナに就職。
マッサージの仕事だといわれてやってきたら、実際の仕事はサウナでの売春だった。よくある話です。最初は泣くこともあったが、半年たった今はもう慣れた、とのこと。

部屋は広くて綺麗です。
内容は常平のサウナと同じですが、「髪洗う?」と尋ねられたのは新鮮でした。
僕はどうせ1回で十分で、いつも時間があまるので、ごしごし洗髪してもらいました。

帰りは、サウナの門を出たところのバス停から、10数分で淡水の都心まで戻れます。


関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。