スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低価格AndroidタブレットでUSBホスト機能を使う。

LenovoのIdeaTab A1000を買いました。
Amazonで15000円くらいで売っている低価格の中華タブレットですが、池袋のヤマダ電機で、在庫限り9,800円で投げ売りされていました。
で、衝動買いです。

A1000.jpg

Idea Tab A1000

廉価版なので処理速度や液晶の画質はいまいちですが、購入の決め手となったのは、

MicroUSBポートがOTG機能対応

であることでした。

「OTG」は「USB on the go」の略で、USBホスト機能という言い方もします。USBホスト機能があると、MicroUSBポートにキーボードやマウス、USBメモリなどの外部機器を接続することができます。

多くの低価格AndroidタブレットのMicro USBポートはホスト機能がなく、充電やパソコンとの接続くらいしか使い道がありません。周辺機器を接続することはできません。

たとえば、人気機種のAsusのMemoPad ME173は、USBホスト非対応です。Nexus7はホストとして使えますが、お値段が倍以上になります。

----追記 20140914----
ME173は公式にはUSBホスト非対応ですが、補助電源付きのUSBハブを間に入れて電源を供給すると有線キーボードが使えるという情報があります。また、手動でマウントすればUSBメモリも使えるそうです(参考サイト)。僕自身はいずれも未確認です。
----追記ここまで----

IdeaTab A1000は、Lenovoのサイトの製品仕様書にも「Micro USBポート(OTG機能対応)」と明記してあります。


外部記憶メディアの接続

USBメモリとポータブルハードディスクを繋いでみました。

USBメモリはあっさり認識しました。普通のトランセンドの8GBのUSBメモリです。電源を入れたままプラグ・アンド・プレイで抜き差しできます。つまり、差しこむだけで勝手に認識してくれます。

lenovousbotg.jpg

データのやり取りも成功しました。
SDカードのフォルダの下に「usbotg」という名前のフォルダが自動的に作成され、USBメモリの中身はここに表示されます。

usbotg.png

いっぽう、外付けハードディスクは動作しませんでした。ハードディスク側のインジケータLEDも点灯しません。想像ですが、原因はAndroidタブレットの電源供給能力に問題があるのだと思います。外部電源を併用できる2又のUSBケーブル(→こういうの)を使えばハードディスクも動作するかも知れませんが、これは試していません。

---追記---
その後、補助電源ケーブルを使って実験してみましたが、ハードディスクは認識されませんでした。家にあったIOデータ製のポータブルハードディスク2台ともだめでした。
こういうものには相性があるので、家にあったHDDがたまたまダメなだけなのか、それとも一般的にダメなのか、どちらであるかはわかりません。
---追記ここまで---


接続にはホストケーブルが必要

なお、念の為に書いておきますが、外部機器を接続するときには、普通のMicro USBケーブでつないでも動作しません。ホスト用のMicro USBケーブルが必要です。普通のMicroUSBケーブルと外観は同じですが、内部の配線が違います。
USBホストケーブルは、秋葉原の千石電商で300円程度、楽天やAmazonだと800円前後で売っています。



ホスト機能対応のUSBケーブルは、パッケージにその旨が明記されています。

lenovopad6.jpg


USB経由でキーボードを接続

USB経由でキーボードをつないでみました。
下の写真のとおり、ちゃんと認識しました。キーボードのインディケータが青く光っています。この電力はAndroidタブレットからUSB経由で給電されています。

lenovopad(7).jpg

lenovopad (2)

つないでいるキーボードは、ソフトバンクが自社のスマートフォン用に販売しているマイクロUBSキーボード。
定価は4,980円ですが、ビックカメラアウトレットで880円で投げ売りされていました。

キーピッチは15.8mmあり、ブラインドで使えます。打鍵感もしっかりしています。
キートップはアルファベット表記のみのスッキリした外観。
ソフトケースと、Micro USBホストケーブルが付属します。

USBホストケーブル経由でマウスを接続

USBマウスも使用できました。
秋葉原で購入したMicro USBホストケーブル経由でマウスをつないでみたら、正常に認識されました。

lenovopad (7)

マウスを認識すると画面にマウスポインタが出現します。

lenovopad9.jpg


Androidでマウスポインタというと不思議に感じるかもしれませんが、そもそも、AndroidのベースはLinuxですから、マウスが使えても不思議はないのです。


USBハブを接続して、キーボードとマウスを同時につなぐとこんな感じ。

lenovopad (3)

USBハブはエレコム製の普通のもの。USBハブとタブレットの接続には、秋葉原で購入したMicroUSBホストケーブル(MicroUSB→USB)を使用しています。
また、キーボード付属のケーブルは両端がMicroUSBなので、USBハブとの間に変換プラグを挟んでいます。

haisen.png

タブレット本体とキーボードの合計で10,680円。
マウスとUSBハブは家に転がっていたものですが、両方合わせて1200円くらい。
USBホストケーブルと、USB→MicroUSB変換プラグが合計で500円くらい。
全部合計して12,500円程度。
この金額で、軽量(約600g)かつ長時間駆動(Wifi使用で8時間)のノートPCが出来上がりました。

なお、マイクロUSBホストケーブルとUSBハブが一緒になったこういう製品を使うと、より簡単にスマホに多くの機器を接続できます。



ちなみに、ここまで読んできて、
「キーボードやマウスはBluetoothで繋げばいいんだから、USBホスト機能なんていらないじゃん」
と思われた方は当然いらっしゃるでしょう。

しかし、有線接続なら機内でフライトモードにしていても使えるし、安定性も抜群だし、Bluetoothを切っていればバッテリーの持ちもよいです。
タブレットPCを身体から離して使うことはないので、無線で接続するメリットはあまりないように思います。


タブレットとキーボードを一緒に持つとこんなかんじ。
きれいにコンパクトにまとまりました。

lenovopad (1)

横においてあるカップは、マックのアイスコーヒーSサイズです。
関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。