スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港141で日系アラレちゃんに遭遇

香港の141はマンションの各階に分散しているので、上の階から下の階へと順に見ていくのがセオリーです。階段は登るより下るほうが楽ですから。
たとえば尖沙咀の香檳大廈B座なら、最初にエレベーターで8階まであがり、その階の141をチェックし、気に入った女の子が見つからなければ階段を1階分おりて、次の階にある141をチェックして、というのを繰り返すわけです。

「歓迎光臨」や「Welcome」の札がさがっているドアが客待ち中です。「稍等一下」や「Wait」の札が出ている部屋は、接客中か休憩中です。

ドアに付いているベルのボタンをピンポンすると、数秒おくれて、女の子がドアを開けてくれます。気に入ったら値段を確認して部屋に入ります。ほかを探してみたければ、「サンキュー」とでも言って、次の部屋のぺルをピンポンします。


hk141door.png


誰もが同じような順路で歩くので、最初に昇りのエレベーターに乗り合わせた同じ目的の男性連中が、いつまでもまわりにウロウロしています。フロアを下るごとにひとりふたりと141部屋に飲み込まれていき、下層階になるほど人が減っていきます。

僕はストライクゾーンが広い方なので、だいたい上層階でチェックインしてしまい、あえて下層階まで下りたことはありませんでした。

先日、めずらしく2階(2字樓)まで下りたら、とあるドアに、「日本混血」と書いたPOPが貼ってありました。日本人の血が入っている女の子が中にいるんでしょうか。

日本人女性は中国や香港では憧れの対象ですから、「日本混血」は、とてもキャッチーなコピーです。
マカオや香港の風俗店に日本人や日系人が在籍しているという話はたまに耳にしますが、「実際にいるんだなぁ」という感じです。

ドアに貼られたビラには「何◯ ◯美」と姓名それぞれ漢字2文字の名前が書いてありました。字数は日本式の4文字ですが、漢字の選び方が微妙に日本人の名前らしくないのが残念。もちろん本名でなく源氏名でしょうけど。
こういうふうに日本人の名前の語感に乏しいことからして、おそらく育ったのは香港か中国なのでしょう。もしかしたら残留孤児の孫娘だろうか・・・それはないか。

せっかくの「日本混血」の女の子ですから、ピンポンして顔を見てみたい。
しかし、冷やかしになっても申し訳ないし・・・などと迷っていると、あとからやってきた香港人男性がピンポンしてくれました。

扉をあけた女の子は、一言、

「ニホンジン・・デス」

ピンポンした男性の肩越しに覗いたら・・・アラレちゃんでした。




穏やかそうな、感じのよい娘だったので入室してみようかとも思ったのですが、せっかく香港まで来て日本ゆかりの女の子を選ぶのも勿体ない気がするので、「日本混血」の体験は見合わせました。よって詳細確認に至らずです。

ちなみに、この人、
http://go141.com/zh/(←あの141情報サイトの移転先です)
に写真をアップしています。

地区名のメニューで「尖沙咀」

左サイドのビル名のメニューで「香檳大廈B座」

とクリックしていくとででてきます。
このサイト上では「HEDE」という源氏名です。

総額700HKDとのこと。
写真で見るとイケイケに見えますが、おっとり温厚そうな女の子でした。

ちなみに、上記の情報サイトに広告を出しているのは、フリー客が少ないマイナーな場所にあるビルの女の子が多いです。たとえば、ネイザンロードから少し離れた場所にある發利大廈の女の子たちは、よく広告を掲載しています。
一方、香檳大廈の141の女の子でこのサイトに広告を出している女の子は少ないです。141ビルとして非常に有名で、ほっておいてもフリー客がやってくるので、広告の必要を感じないのだと思います。

HEDEちゃんは、香檳大廈とはいえ部屋が2階(2字樓)ということで、フリー客が来にくいのかも知れないです。冒頭に書いたように141は上から順にみる人が多いため、2階は場所的に不利なのです。


追記:

香港141の日本人としては、もう一人、銅鑼湾(コーズウェイベイ)の富士大廈に「深◯ ◯子」という人がいますね。こちらは僕は実際に見たことはありません。
ネット上に掲載しているプロフィールに「国籍:日本」と書いてありますが、「日本混血」と書いている「何◯ ◯美」さんと違って、この書き方だと血統的に日中どちらなのかは判からないですね。
写真付きのプロフィールは、上にリンクを貼った141情報サイトで、

銅鑼湾 →  富士大廈

とクリックしていくと見れます。


追記(その2):

本文中でリンクした141情報サイトの使い方がわかりにくいとのことなので、簡単な説明を書いておきます。

トップページ中段に香港の地名が並んでいます。ここで、目的のエリアをクリックします。

141site.jpg


たとえば「尖沙咀」をクリックすると、下図のように尖沙咀地区の141で登録している女の子の一覧が表示されます。この時点ではビルごとに分類されていません。

141site2.jpg

ページの左端に、その地区の141ビルのリストがあるので、クリックすると各ビルにいる女の子を絞り込み検索することができます。

ビル名の右側に書いてあるボタンは、サービスの内容を示しています。クリックすると絞込みができます。「一楼一」または「楼上骨」が最後まである風俗サービスです。

ビルごとの詳細ページでは、登録している女の子のプロフィールのほか、地図とビル入口の写真を見ることができます。はじめて行くビルは、入口付近の写真をよーく確認しておくことをお勧めします。香港の雑居ビルの入り口はきわめてわかりにくく、ウロウロしてしまうことがよくあります。

141site4.jpg

なお、インターネット上の141情報サイトに登録している女の子はごくごく一部です。ほとんどの女の子は、ネットには情報を公開していません。
したがって、上記の141サイトは、女の子の情報を探すためというよりは、141ビルの所在地を確認するために使用するのがよいと思います。
ビルの所在地を確認したら、あとは現地に行って、かたっぱしからピンポンしてお宝を探し当てましょう。


関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。