中国の2014年カレンダー

ようやく12月11日に、中国の2014年の公式カレンダーが中央政府から発表されました。

国务院办公厅关于2014年部分节假日安排的通知

毎年思うんですが、もう少し早い時期に発表できないものでしょうかね。


2014china.jpg


しかも、今回は大きな変化が・・・
元旦の休みが1月1日の1日だけになっていますね。
ここ数年、元旦は直近の土日の振り替えで三連休ということになっていたのですが。

さらに、除夕(旧暦大晦日)は、休日ではなくなってしまいました。

こんな重大な変更を、新年まで一ヶ月を切るこの時期にようやく発表するんですね。



中国の微博(中国版ツイッター)を見ると、今回の発表に対して中国人民が最も不満に思っているのは、除夕(旧暦大晦日)が休日でなくなったことのようです。

そりゃあそうですよね。
日本で言えば、12月31日の午後5時まで平日どうり仕事せよと言われるようなものですから。
それからお正月の準備って、大掃除はいつやるの? どうやって帰省するの?

ネットニュースのサイトでも評判悪いです。
2014年放假安排时间表新鲜出炉:大年三十要上班?
「让人们难以接受:春节从1月31日开始放假,也就是在大年三十当天还要上班?」
って、そりゃそうですよね。僕もそう思います。

中国でも、2000年代前半までは除夕は休日ではなかったのですが、みなさん午後には何となく帰宅してしまったりしていました。どうせ仕事にならないこともあって、2008年以降は除夕から7日間が公式の休日という扱いで一貫していたのです。

昔と違い、都市化が進んでいるので、公式なカレンダーどうりに仕事をしている人の割合は相当高くなっていると思われます。
中国の一般庶民で、今回の変更を予想していた人は、たぶん殆どいないと思います。
旅行のスケジュールを入れてしまっていて、キャンセルせざるを得ない人も少なくないでしょう。

問題の所在は、ひとえに、「正式発表が遅いこと」です。

こういうところを、もうちょっと「人性化」(ren xing hua)できないものでしょうかね。



【追記】 2014年の中国のカレンダー作成しました。ご利用くださいませ。

china2014.jpg





関連記事
ベトネベートスカルプ