スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東莞(トンガン)のサウナ、KTVの取締り

東莞市のサウナやKTVに対する取締りがまたまた始まったようです。
昨夜、6千人以上の警察官を動員して、東莞の300箇所以上の娯楽場所への立ち入り検査、取締りがおこなわれました。
客を含め、かなりの逮捕者が出ています。

cctv4.jpg

cctv6.jpg


春節前の取締ならよくあるけれど、こんな時期にどうして? と不思議に思ったのですが、この記事によると、以下のような流れだったようです。

昨日(2月9日)の午前中、中国中央電視台(CCTV13)で、東莞市のサウナやKTVで売春が横行している実態を取材した特集番組が放送された。中央電視台の番組なので、もちろん全国ネット。
 ↓
これを知った広東省の党委員会書記の指示により、省政府や公安庁が緊急会議を開き、直ちに善処するよう東莞市に命じた。
 ↓
東莞市政府と市の党委員会は直ちに対策チームを組織し、テレビで報道された12箇所のサウナ等に対して、警察による立入捜査をおこない、いあわせた客と従業員を逮捕。
 ↓
次いで、夜9時頃から、警官6525人を動員して市内の娯楽場所(サウナ、KTV、マッサージ店等)300箇所に対する一斉取締を実施。


つまり、きっかけは、東莞の風俗産業に関する中央電視台の報道です。

テレビでサウナや紅灯区の実態が報道されると、警察が取って付けたように取締を実施することはこれまでにもよくありました。たとえば昨年は常平の天鹅湖酒店(スワンレイクホテル)のサウナで、テレビニュースを契機とした取締がおこなわれています。
しかし、通常は、報道で名指しされた当該サウナが手入れの対象となるとか、当該鎮内(たとえば常平鎮とか)で取締が強化されることはあっても、全市的な取締りにまで広がることはありません。

今回、報道で取り上げられたサウナ等は数カ所でしたが、報道を契機におこなわれた取締はそれを遥かに超えた広がりを見せています。
これは一つには、地方局の報道ではなく権威ある中央電視台(CCTV)による全国ネットの報道番組であったこと、番組中で警察と売春業者の癒着が強調されていたこと、このため広東省の党書記が直々に対策を指示したこと、などが原因と思われます。

ちなみに、広東省の党書記は、広東省で一番偉い人。
この方が、
「報道された5つの鎮(※注:虎門、中堂、厚街、鳳崗、黄江の各鎮)に限定せず、東莞市全域をローラー式に捜査し、撲滅せよ」
と、述べているそうです。よって常平も取締対象になります。


問題の中央電視台の番組の内容は以下のとおりです。

“酒店”不住宿 名“选秀”实“卖淫”
ホテルとは名ばかりで実態は売春施設(6分弱)

星级酒店 暗藏色情服务
シェラトンなど高級ホテルでもおこなわれている売春(約4分)

“莞式服务”竟成“特色”
東莞式サービスとはどういうものか? (約4分)

“黄流”通过网络涌出东莞
ネット上に氾濫する東莞のサウナに関する情報 (2分弱)

东莞色情业“违法”何以不“畏法”?
地元警察と性風俗業者の癒着について(約4分)

娱乐场所高消费的背后
KTVから帰る客の車を尾行。港珠澳大橋の建設事務所の公用車であることが判明。(約2分)

东莞市民:扫黄就要扫彻底
東莞市民に対する風俗産業に関する路上インタビュー (約2分)



夜にCCTV1で放送された総集編はこちら。(約15分)
http://news.cntv.cn/2014/02/09/VIDE1391948460348471.shtml


東莞のサウナがどういうものであるかについては、さすがにプレイ内容の具体的説明はありませんが、ホールでおこなわれている女の子の顔見せの様子などは、あからさまに映しています。
お値段は900元と字幕にでていますね。


cctv13.jpg


番組では、虎門、中堂、厚街、鳳崗、黄江の各鎮のサウナが名指しで取り上げられています。
黄江の太子酒店の隠し撮り映像では、マジックミラー越しに半裸で踊る顔見せの様子を放映しています(こちらはボカシ付きで)。
常平については名指しの言及はありませんでしたが、番組で問題にされているのは「東莞市の性風俗産業」なので、同じことでしょう。

全国ネットでこういう番組が放送され、広東省のトップが対策を命じたということなので、東莞、常平のサウナは当面かなり低調にならざるをえないんでしょう。一昨年の取締が思い出されます。

番組内では、公安(警察)当局と性風俗業者との癒着が繰り返し強調されています。
この番組が放送された後、名指しされた中堂鎮の公安分局の局長や、管轄派出所の所長は停職となり、現在、処分が検討されているとのこと。
今後、公安局内部の綱紀粛正も予定されているとのことです。


いずれは元に戻るんでしょうが、しばらくは要注意ですね。


関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。