スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港141で台湾娘とあれやこれや

マカオのサウナには中国本土や東南アジアの女の子は多いのに、台湾や香港の娘は見かけませんね。僕が見逃しているだけなのかな。新馬路あたりの賓館の安風俗も、中国本土の娘ばかりで、台湾の娘はいませんね。

そういえば日本の中国系エロマッサージ店でも、台湾の女の子はあまり見かけません。韓国の女の子は日本の非本番系風俗業界で一大勢力なのに、どうして台湾の娘は見かけないのだろう?

そういうわけで、僕は、これまで台湾の女の子にお世話になったことは一度もありませんでした。

しかし、さすが香港はアジア一の国際都市。
初めての台湾娘は、香港で経験しました。
場所は尖沙咀の141。

ピンポンして開いた扉の先には、小柄で可愛らしい娘が。
瞬間的に、あ、いいな、と思いました。

しかし、風俗は見た目だけ選ぶと失敗します。
前にも書きましたが、僕はこういう場ではとりあえず当り障りのない言葉を交わして、女の子の雰囲気を確認してから、チェックインする方式です。

どこの出身?
と尋ねたら、
「台湾」
と答えたのでちょっと驚きました。

この仕事のために台湾から香港に来たの?
「うん」
考えてみれば、ここは中国本土ではなくて香港です。陸つながりでも中国本土とは別世界です。台湾の娘が香港の風俗で働いていても不思議はないです。

台湾のちょんの間で若い女の子を選んだ時のお勘定はおおむね1200~2000台湾ドル程度だから、どっちでやっても稼ぎはそれほどかわらないのでしょう。
それに台湾の置屋に比べたら、香港の141は衛生的で、女の子としても働きやすいのかも知れません。

たぬき顔で、人あたりがよく、僕の好みにピッタリです。
しかも、初めての台湾娘。
あっさりチェックインとなりました。

**

サービスの内容については、普通の141の流れどおりです。
シャワーを浴びて、Gつけて、Fで、Sです。
露骨な演技もなく、自然体で楽しく過ごしました。

ちなみに余談ですが、中国の風俗でコトの最中に、
「老公!老公!」
と声を上げる娘がたまにいますが、僕はあれをやられると完全に引きます。萎えます。
下手な演技よりは、正直なマグロがよろしいです。

**

終わってから、少しお話し。

化粧台から資生堂の化粧品のビンを取り、日本製はとってもよいと見せてくれました。

日本人の客が来るか尋ねたら、

「よく来る」

とのお答え。彼女いわく、日本人は、

「yi er chui jiu finish」 (一二吹,就finish)

な人が多いそうです。

**

香港でお金をためたら台北に帰るの?

「中国に行って、商売をする」

どうして中国?

「チャンスがいっぱいあるから」

アジアの若者はチャイニーズ・ドリームを追う時代。
国共内戦など昔話の若い世代の目には、中国は新世界に見えるのかも知れない。かつての日本人にとっての満洲、台湾、南洋みたいなものか。

中国の発展は曲がり角にきているかも知れませんが、大方の日本人の期待に反して、中国経済はこれからも発展を続けるだろうし、政治体制も崩壊しません。富の分配は徐々に広がっていき、30年から50年をかけてゆるやかに民主化が進んでいくのだと思います。
チャンスを求めて中国へ、というのは、アジアの中華系の若者にとって魅力的な選択肢なんでしょう。


彼女は中国で台湾茶の茶館を経営したいそうです。
台湾の美味しいお茶を輸入して、中国で売りたいとのこと。

「私、鼻がすごくいいの。あなた、ここに来る前にコーヒーを飲んだでしょ?」

あたってます。141にチェックインする2時間位前にスターバックスでコーヒーを飲みました。
匂いでわかるそうです。

お茶のわずかな品質の違いや、茶葉の状態の良し悪しも、香りで判断できるとのこと。

中国のどこでやるの? 深セン?上海?

「大都市はもういまからじゃ遅い。これから発展しそうな内陸の都市に行くつもり。」

なるほどなー、ちゃんと考えてるね。がんばってね。

関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。