スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛田新地の場所

大阪で途中下車した理由は、飛田新地に行ってみたかったからで、とくにまっとうな用事があってのことではない。

大阪には縁もなければ土地勘もない。耳で聞いて知っている地名は多いが、梅田、難波、道頓堀、船場、住吉、どれが西でどれが東か、見当がつかない。どちらかといえば中国の十大都市のほうがまだ土地勘がある。大阪は僕にとって未知の土地。

大阪駅のコンコースに降りてから、「飛田新地」(飛田遊郭)への行き方をネットで検索した。どうやらJR環状線の反対側、天王寺駅あたりにあるらしい。オレンジ色の電車で環状線をぐるっとまわって天王寺へ。

天王寺駅を出て、ネットで見つけた某ブログの道案内にしたがって歩き出したが、通りの名前がわからないし、目印の建物も見つからず、夜の天王寺界隈で迷子になってしまった。
JR天王寺駅は東京の渋谷駅なみに迷路化した駅だった。正しい出口からでたのかどうかさえ自信がない。30分以上うろついた挙句、あきらめて駅前に戻り、ネットカフェに入って再度検索。スマホの小さい画面で調べるより楽である。

どうやら隣のJR新今宮駅からのほうが道筋がわかりやすそうだ。新今宮という駅は初めて耳にしたが、歓楽街「新世界」の最寄駅とのこと。しかし、「新世界」がどんなところなのか僕はまったく知らない。「通天閣」がある街らしいが、その通天閣にしても、塔であることを知っているだけで、なぜに通天閣が大阪の名所なのか、その理由は知らない。

天王寺からJR環状線に乗って一駅移動し、新今宮駅の東口を出たところの大通りを南下。多少迷ったが、ようやく飛田新地にたどり着いた。JR大阪駅からここまでたどりつくのに2時間以上を要した。

飛田新地そのものに関しては詳しいサイトがたくさんあるので屋上屋を重ねることはしないが、ものすごく感動したとだけ書いておこう。今回は遊ばず眺めただけだったが、女性がとにかく美しい。和風の演出もすばらしい。外国人が喜ぶに違いない。お台場にカジノができたらその一角に支所をだしてほしい。IR特区法でなんとかならないだろうか。


飛田新地への行き方

苦労したアクセス方法についてまとめておく。JR新今宮駅から飛田遊郭まで徒歩の所要時間は約10分。ついでに西成のあいりん地区の雰囲気を見てみたい人はこの行き方がおすすめ。

1.JR環状線「新今宮駅」下車 東口改札をでたら右へ。交差点(地下鉄御堂筋線「動物園前駅」の入り口がある)を越えて、通りをまっすぐ南下する。通りの名前は「堺筋」。

2.交差点を越えて20メートル先の右側に定食屋「宮本むなし」があれば、歩く方向はあっている。店舗の前を通過して南下する。
このあたりはいわゆる「あいりん地区」のドヤ街だが、表通りを歩くかぎりでは想像ほど危なくも怪しげでもない。歩道においてある自動販売機の缶コーヒーが50円だった。聞いたことのないメーカー名が書いてあった。


ailin.jpg


3.駅から徒歩7分程度の右側に「玉出」という24時間営業のスーパーマーケットがある。ネオンがど派手なので見落とすおそれはない。ここまでくれば飛田新地は間近。

tamade.jpg

このスーパーから信号を渡った対面に道幅3メートルほどの狭いアーケード街の入り口がある。そこを入っていく。アーケードには安酒場が軒を連ねている。
このあたりの安酒場の特徴は、透明ガラスを通して道路から店内が丸見えであることと、店内の蛍光灯の照明がコンビニのように明るく、酒場らしい雰囲気がないこと。けんか対策だろうか。

4.アーケード街を50メートルほど進み、突き当たりを右折。60メートルほど歩くと左に折れる路地があり、路地の先に飛田新地の灯りが見える。特徴的なので遠景でもすぐわかる。

tobita.jpg

飛田新地の置屋は、古い遊郭を意識した和風の造りである一方、夜目に見る分には清潔で新しいので、江戸東京博物館のジオラマのなかを歩いているみたいな印象だ。


5.帰りは地下鉄谷町線の阿倍野駅にでた。歩く距離はこちらのほうが短かく、10分もかからない。新しい良好なマンション街を抜ける道なので夜中でも安全だと思う。


★ 上記ルートの地図(Google Map)は下のリンクから。

JR新今宮駅から https://goo.gl/maps/7A1Md

地下鉄阿倍野駅から https://goo.gl/maps/JS5ZM

関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。