和風ヘルス 寺子屋

2年ぶりくらいで、日本の風俗に行きました。

大久保の中央線高架横の和風ヘルス「寺子屋」。開業して20年以上になるらしい老舗のヘルスです。
僕自身も10年ほど前から何度かお世話になりました。

ookubo1.png

連れ込み旅館だった木造2階建ての建物を一軒まるごと改装してヘルスにしています。畳敷きの部屋が6,7室。もとが旅館ですから各部屋は独立していて、シャワーも部屋ごとにあり、落ち着いて遊べます。

それでいて料金は安いです。

30分 6000円
45分 9000円
60分 12000円

僕はいつも45分9000円のコースです。
松竹梅とあれば竹を選ぶ習性です。

玄関で靴を脱いで上がり、受付で料金を払うと、玄関脇の畳敷きの小部屋に通されます。虫がでそうな古ぼけた部屋ですが、ここが待合室です。畳に座り、テレビを眺めながら順番を待ちます。

繁盛店なので、たいてい1人か2人は先客がいます。写真指名システムはなく、フリーの客は順番に女の子を割り振られます。

順番になると着物姿の女の子が迎えに来て、板張りの廊下を歩き、狭い階段をあがって部屋に案内されます。6畳程度の和室に蒲団が敷いてあります。

で、内容はというと、

まず、第一に、女の子の見た目にうるさい人には向きません。
場末のピンサロ程度のレベルです。

サービス内容は女の子によりまちまちですが、ルックスで客を呼ぶことが難しいことをわかっている娘が多いので、おおむねみんな優しく、サービスも丁寧です。

過去10年で印象に残っていることと言えば、

唇を絞らず、口内の粘膜が軽く触れるくらいの状態でゆっくり上下するデリケートなフェラ。柔らかな包み込まれ感が生で挿入しているときの感触とそっくりです。こういうテクニックがあるのかと感心しました。新鮮な体験でした。ほかの女の子にお願いしてもできないので、その娘だけの独自の技術なのでしょう。

また別の女の子ですが、鎖骨のあたりに軽くキスされただけで電気が走る一撃を食らったことがありました。あれはどういうことだったんだろう、今でもなんだかよくわかりません。

後ろを開発しようといろいろ試みてくれる女の子にあたったこともありました。

ヘルスのような受身主体の風俗ではルックスよりおもてなしの心が大切、ということがよくわかる店です。値段を考えれば優良店と言ってよいでしょう。

大久保駅から徒歩1分。新大久保駅からも歩けます。

店のホームページはこちら。
http://terakoya.co/girls.html

関連記事
ベトネベートスカルプ