安徽衛星テレビの年越し番組から

明日2月19日は旧暦の1月1日、つまり中国のお正月です。
今ごろ彼らは、年が明けるまで待ちきれず爆竹鳴らして大騒ぎでしょうか。

そういうわけで、今日から一週間程度、日本の観光地や銀座、秋葉原あたりは中国人だらけになります。

さきほどから、日本の紅白歌合戦に相当する中国の年越番組「春節聯歓晩会」をやっています。ネットでもストリーミング放送しています。別に面白くはありませんが、興味のある方はこちらをどうぞ。
http://chunwan.pptv.com/

この「春節聯歓晩会」は中央電視台(CCTV)が作成している全国ネットの番組ですが、これとは別に、地方局が独自に制作して放送している年末特別番組もいろいろあります。

たとえば、大晦日の前日に放送している安徽衛星テレビの「安徽衛視春節聯歓晩会」。

安徽省ってどこ? と思った方も少なくないと思いますが、地図で言うと上海の左側。上海から省都の合肥市まで約400kmです。あまり豊かな地域ではないので、上海人は「乞食のふるさと」と言ってバカにします。
最近は安徽省も豊かになってきたので、それほどバカにしたもんでもないと思いますけど。

その安徽衛星テレビ(安徽卫视)の昨日の放送から、おなじみの「ヘビーローテーション」と「前しか向かねえ」の中国語バージョンを。

SNH48 《无尽旋转》 《一心向前》

僕はAKBには興味も知識もないので、このSNH48のステージの良し悪しはわかりませんが、すごく可愛いということだけはよくわかった。

最近は高速鉄道もできたし、上海から合肥なんてすぐですからね。出張も楽勝でしょう。今調べてみたら、最速の列車は上海から合肥までなんと2時間21分でついてしまう・・・時代は変わったなぁ。

関連記事
ベトネベートスカルプ