スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠海の蓮花路はまずまずのにぎわい

久々に珠海の蓮花路を歩いてきました。

もともとこのエリアはゴンベイの地下街から連続する国境市場の一部なので、風俗産業が滅びても、正業でちゃんとやっていける街です。今でも、多くの服飾店が軒を連ね、多くの人を集めています。

lianhualu001-1.jpg

夜10時頃まで営業している店舗が多いので、昼夜を問わず人通りがあります。

この日は朝からたくさん歩いてくたびれたので、糖分補給にサトウキビジュースを買い、片手に持ったまま蓮花路を散歩しました。その場で機械を使って絞ってくれるんです。

lianhualu004.jpg


今回蓮花路でとくに目についた変化と言えば。

蓮花路のランドマークであった「昌安ホテル」の名称が変わり、「春尚ホテル」になりました。街の噂では、経営者が変わったとのことです。

lianhualu002.jpg

また、粤海酒店の対面の「昌安好世界ホテル」は、「拱北好世界ホテル」になりました。

lianhualu003.jpg

昌安の老板はどうなっちゃんたんだろう。関係ないけど。

風俗関係については、昨年来の一斉取り締まりの影響で、もともと低調だったものがさらに著しく落ち込んでいます。

蓮花路のサウナを2件まわりましたが、いずれも商売替えをしていました。
「サウナはやめて、推油(オイルマッサージ)をやっている」
とのこと。
特殊なサービスがないか一応尋ねましたが、「ない」と明言されました。

金域ホテルの前あたりは、いつも男性の客引きが数名たむろしていましたが、彼らも一人残らず消えていました。
彼らは客引きであるとともに「女衒」(ぜげん)でもあって、湖南省や四川省の農村の女の子に「仕事を紹介してやる」と声をかけて都会に連れ出し、夜の仕事に投入する、というラフな商売をやっていた連中でした。

蓮花路の中段エリアから路地を入った場所にあった置屋は、すべてなくなりました。

夜22時から24時くらいの短い時間、名刺を配っている客引きオババが数名います。蓮花路に警察の監視の目がないわけないと思うのですが、今でも「保護傘」の仕組みは健在なんでしょうか。

蓮花路の名物である女の子本人による路上の声かけは、深夜0時過ぎに数人見かけましたが、話に乗ってみたい雰囲気ではありませんでした。

◇◇

もと歩歩高ホテルだった竹林酒店に行ってみました。今風の堂々たるたたずまいですが、建物の躯体はかつての歩歩高酒店のままです。懐かしくて、ロビーに入ってみました。

lianhualu005.jpg

フロントや左奥のエレベーターの位置は変わっていません。
ここに写っている二階部分に昔カフェがありました。珠海の狂乱の夜の噂を聞いて中国各地から集まった女の子らが、そのあたりで一休み、あるいは客待ちをしていたのでした。

「歩歩高酒店」などという昔話を書いて、ノスタルジーを感じてくださる読者の方は何パーセントくらいだろう。
25%くらいいてくださるとすごくうれしいです。

関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。