スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な中国語

日本国内の駅や店舗に中国語の表示や説明文が設置されるようになって久しいですが、なかには不思議な中国語もあります。

たとえば、東京の大手家電量販店の売り場で見かけた、この表示板。

kamihongyaku037-1.jpg

「啇品」は、「商品」(shangpin)の誤記でしょうね。「啇」は「di」と読みますが、現代中国語ではあまり使わない文字なので、ワープロでこの文字を出すのは結構めんどうです。それなのに、どうしてこういう間違いがおこるのだろう。

さらに、こんなのもありました。どうしてこうなっちゃうのか、理解不能です。

kamihongyaku042.jpg

この家電量販店には中国人の店員もたくさんいます。彼らに確認してもらえばいいのに。

日本の街に不思議な中国語があふれていることは、中国でも知られています。SNSで写真が出回っています。日本からの旅行帰りや、日本にいる中国人たちが投稿しているようです。

たとえば、これは相当の神翻訳ですね。

kamihongyaku028-1.jpg

「ぶっかけ → 顔射」は、文脈によっては間違いではありませんけど・・・
ソーシャルIME方式の機械翻訳でも使ったのでしょうか。

こちらは神戸の商店街の標識。
自転車がどうしたって?

kamihongyaku026.jpg

北海道で何されたの?

kamihongyaku033.jpg

蚊だけではなく、多くの人が窓から侵入してくるらしい。

kamihongyaku022.jpg

とりあえず漢字だけにすればいいってもんじゃないんです。

kamihongyaku023.jpg

成田空港行きバスの乗り場の中国語。
日本の玄関口がこれでは・・・

kamihongyaku024.jpg

これは機械翻訳した中国語を、中国語初学者がアレンジしてさらに意味不明にした、という印象です。

kamihongyaku001.jpg

こちらは間違いなく機械翻訳が原因ですね。たしかに日本語の「手を入れる」には、「修理する」という意味もある。

kamihongyaku027.jpg

今や日本のどこにでも中国人はいっぱいいるのだから、ちょっと教えてもらえばいいのに、と思うんですが。
関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。