スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常平(東莞)を懐かしむ動画

動画投稿サイトを眺めていたら、懐かしの常平の動画をいくつか発見しました。ありし日の中元街と天鵝湖路の置屋が映っています。撮影者は英語圏の人のようです。

今となっては懐かしむことしかできませんが、常平の置屋の女の子はレベルが高かったですね。店のしつけが効いていたので、接客態度も良好でした。

常平(東莞)と言えばサウナ(桑拿)が有名でした。現状、東莞のサウナは壊滅状態ですが、しかしながら、2016年の現在でも中国の他都市に行けば同レベルの店はわりとあります。

いっぽう、置屋で素人風の女の子をピックアップして遊びたい人にとっては、かつての常平に代わる町はちょっと見当たりません。サウナよりも置屋めぐりが好きな僕にとっては、悲しい現実です。

その1

自転車タクシーと徒歩で常平の街を散策。撮影者は英語を話しています。中国語はまったく解さないもよう。
匯美酒店(ホイメイホテル)前から中元街の商店街を歩き、左折して裏道に入ったところでTシャツ姿の客引きオババにキャッチされる。置き屋に案内され、即決で2人をピックアップ。
3人でミラトンホテル(美怡登酒店)の客室へ。○○○の場面はカットされています(Youtubeの規制に合わせた編集でしょう)。ラストは、バイバイと手を振って部屋を出ていく女の子。





冒頭に撮影時期はOct/10/2014と表示されますが、内容から見てありえないので、これは間違いでしょうね。その前年の撮影と思われます。

その2

天鵝湖路を散歩後、オババと一緒に天鵝湖酒店(スワンレイクホテル)向かいの置き屋へ。既視感のある広い部屋。出勤中の女の子は10人ほど。2人をピックアップして、タクシーで匯美酒店(ホイメイホテル)に移動。部屋の中の出来事はほぼカット。最後に部屋のドアまで見送ってバイバイ。





その3

百花時代広場あたりをひとりで散歩。デパートを見て回るあいだも、撮影者の興味は主として若い女の子。中国人の女の子は足がきれいです。エスカレーターで盗撮まがいの行為もしています。
その後、置屋に行って女の子をピックアップ。部屋での出来事はカットされています。





内容からみて、撮影時期は2013年の初秋。このわずか数か月後に常平の風俗は突然の終焉を迎えたわけで、ぎりぎり間に合ってよかったですね、という感じでしょうか。

その4

中元街の裏道の置屋で、いつもどおり2人の女の子をピックアップ。ホイメイホテルの部屋で撮影会。





その5

細身の女の子とふたりで食事。そのあとホテルの客室で撮影会。撮影場所はホイメイホテルと、あとはどこかもう一か所。他のビデオと同様、○○○の場面はカットされ、字幕画面が数秒間映るのですが、バックグラウンドになぜか日本のAVの音声が入ります。





その後、女の子に洋服や靴を買ってあげて、かなりの散財。よっぽど気に入ったんだね。

なお、これらの動画は、常平の現状ではないです。2016年の現在、まだ風俗の復活はありません。念のため。

changping-okiya0821.jpg
関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。