スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦沢直樹が元気なようで喜ばしい

漫画家の浦沢直樹がダブル不倫という週刊誌報道。

週刊女性2016年10月25日号2016/10/10
「漫画家・浦沢直樹がラブホW不倫、お相手は大手出版社の50代元編集者」

天才漫画家は、午後7時過ぎにイタリアンレストラン『T』にひとりで入店した。そこに現れたのは、原宿で一緒に昼食を楽しんだ女性だった。8時過ぎに女性はひとりでラブホテル『E』の中へ。1分ほど後に浦沢も入っていく。3時間ほどすると今度は浦沢が先に出て、1分後に女性が姿を現した。
ホテルから離れると再び合流して一緒に歩き、大通りでタクシーを拾うと別々に帰路についた。
http://www.jprime.jp/articles/-/8294


僕はほとんど漫画は読まないのですが、浦沢直樹の『MASTERキートン』は大好きでした。

imgres.jpg

随分前の作品なので、知らない人も多いかな。
以下、Wikipediaからの引用で「マスターキートン」の説明です。

ロイズの保険調査員である平賀=キートン・太一は、オックスフォード大学を卒業した考古学者であると同時に、元SASのサバイバル教官でもある。フォークランド紛争や、在英イラン大使館人質事件では下士官の隊員として活躍したとされる。

父は日本人の動物学者、母はイギリスの名門の娘。大学時代に日本人女性と学生結婚し、一女をもうけたが離婚している。別れた妻は数学者として大学教員を務めている。
本人は、考古学の研究に専念したいと思っているが職もままならない。発掘費用のために調査員を続けるが、過去の経歴からいろいろな依頼が舞い込み、数々の危険な目にも遭ってしまう。

冷戦終結前後の社会情勢、考古学、そして太一をめぐる人々のドラマを描いた作品である。


浦沢直樹が話題になっているのを見て、ふとまた「マスターキートン」が読みたくなり、ネットで検索してみたらYoutubeにアニメ版がアップされていました。
この「砂漠のカーリマン」は、「マスターキートン」のなかで僕が一番好きな作品です。原作のほうがセリフの言葉数が少なくて、さらにカッコいいんですけど。

おひまな方はどうぞ。



やっぱりコミック版のほうが圧倒的にかっこいいです。

1a77b329.jpg


あとこれも好きです。

「貴婦人との旅」


「出口なし」


「臆病者の島」


これ以外も全部好きなんだけど。

関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。