新潮45に紹介された下川島

新潮45の2月号で、下川島が紹介されている。
『中国、知られざる「売春の島」』
というタイトル。
記事の内容は、ネットで検索すればみつかるような情報がほとんどで、まあこんなもんか、という感じ。

ちょっと面白かったのは、下川島の「王府洲旅遊区」の歴史が紹介されていたこと。
記事を書いているフリーライターの佐藤英夫氏によると、「王府洲旅遊区」が海浜リゾートとして建設されたのは1984年のこと、その翌年には最初の置屋が2件オープンしたが、女の子2人だけの寂しいものだった。その後、10年くらいの間、さほどの盛り上がりはなかった。
ところが、95年以降、台湾人が売春目的でやってくるようになり、98年頃には30軒前後のホテルと、約10件の置屋ができ、女の子の人数も200人程度まで膨れ上がったのだそうだ。
下川島が日本人にも知られるようになったのは、たぶんこの頃だろう。

それにしても、
「当初はさびしいもので、湖南省からやってきた女の子2人(18歳と20歳)が働いているだけだった」
なんていう記述は、どこで取材したのだろうか。そもそも、27年前の置屋の女の子のことなんて覚えている人もいないだろうし。従業員名簿があるわけでもなかろうに。


それはともかく、メジャー雑誌にここまで書かれてしまうと、当局もそれなりに反応をせざるを得ないのではないかな。在日中国大使館だって、日本のメジャーな雑誌に中国がどう紹介されているかは、ちゃんとチェックしているだろうし。

ここで思い出すのは、かつての台北の一件。
あのときは、台北市の風俗スポットを紹介した日本語のガイド本「極楽台湾」が問題とされた。
当時の馬英九市長は、この本の中で、台北が売春しほうだいの街と紹介されたことに対して、
「市の印象を著しく傷つけた」
と激怒した。


昨年以来、中国では風俗取締が続いている。
こういうことがきっかけとなって、当局が何らかのアクションを起こすこともありそうな話。


関連記事
ベトネベートスカルプ