スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『楽しい中国の旅』 (中国風俗掲示板)

その昔、「楽しい中国の旅」という著名サイトがあった。
「たのちゅう」と略称され、管理人は「たのちゅうマスター」と名乗っていた。
内容は、中国風俗の情報に特化した投稿掲示板。

開設は1996年で、その後、02年までは、中国の風俗に関する情報交換の中心であり続けた。中国の南から北まで、風俗に関する膨大なスレッドが立っていた。一時は画像投稿掲示板まで併設していた。
中国に駐在または出張している人で、風俗に興味がある人なら、たいてい訪問したことがあったはず。

ところが、02年5月に、ある不幸な事件がきっかけで、突然の自主閉鎖をやむなくされる。
閉鎖の原因は、関係者(参加者)の個人情報の漏えいだった。掲示板に書けない情報を交換するために使われていたメールアドレスの一覧が、2chにさらされたのだ。
そのメアドの中に、某有名企業のアドレスが含まれていた。会社のメールだから、本人の実名が使われている。これを見た2chネラー達が、その会社に突電をしまくったらしい。


さて、「たのちゅう」健在の頃、そのスレッドの中で、「チャイナステーション」創設者と思しき人の書き込みを見かけたことがある。
「こういうサイトを新たに立ち上げたので、よかったら寄ってください」
という趣旨の、謙虚な内容だった。

しかし、「寄ってください」と言われても、投稿サイトというものは参加者の数の多さが更に多くの参加者を呼び込むという性質のものなので、新参の「チャイナステーション」は長らく閑散サイトのままだった。

ところが、「たのちゅう」の突然死により、「チャイナステーション」は、「たのちゅう」の避難民の受け皿となった。参加者は一気に膨れ上がり、中国に関する風俗情報掲示板の雄となった。今の隆盛ぶりは隔世の感がある。


さて、わざわざこんな懐かしい話を持ち出したのは、「たのちゅう」が一時復活しかかったらしき形跡を発見したから。

復活宣言は、2007年9月14日付で、メジャーサイトの掲示板に書きこまれていた。
「エクスプロア上海」
http://sh.explore.ne.jp/yorozu/61411_1.html
懐かしい・・・。

しかし、すでに中国風俗の狩猟者たちは「チャイナステーション」に移っており、さすがの「たのちゅう」も、中途半端な復活のまま、事実上、活動を停止することになったようだ。
その残骸がこのあたりにある。
「楽しい中国の旅 Ver `見たらわかるやろ`」
http://jbbs.livedoor.jp/travel/7453/
最後の書き込みは2010年1月だ。

さらに、なぜかここにも、「たのちゅう」の復活版がある。
楽しい中国の旅 VerNHBⅢ(復活版)
http://jbbs.livedoor.jp/travel/8940/
こちらには若干の新しい書き込みもあるようだけど、最新投稿の2011年2月26日の前は、12月6日、12月4日、12月2日、9月29日、という閑散ぶり。

さすがの「たのちゅう」といえど、「チャイナステーション」に流れた参加者を呼び戻すのは無理だったよう。懐かしいんだけどね。

関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。