スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスボア回遊魚の「ぷすぷす」

先日のマカオでは午後遅くに打令1に行き、それでもう十分だったのだけど、ちょうど珠海へのボーダーが混んでいる時間帯だったので、時間つぶしにリスボアの回遊魚を眺めに行った。リスボアホテルに行くのは久しぶり。

あいかわらず化粧でビシビシに武装した女の子らが、勇ましく行きかっていた。
こういうキツそうな連中は、見物するには面白いものの、一緒に時間を過ごしたいとは思えない。
昔は、もう少し優しげな雰囲気の娘も回遊していたのに。

hooker


今回あらためて気付いたのだけれど、リスボア回遊魚は、いつの間にか「ぷすぷす」を言わなくなった。「ぷすぷす」というのは、口先から息を強く出して立てる音。数年前のリスボア回遊魚は、客として狙いを定めた男に向かって、何はともあれ「ぷすぷす」とやっていた。

まず「ぶすぶす」とやって注意を引き、相手が目を合わせてきたら「qu ma?」(行く?)と誘うのが昔のパターンだった。それが今は、「qu ma?」だけの一段攻撃となった。

あの「ぷすぷす」はどういう意味だったのかと思い、ネットで検索して調べてみたら、答えらしきものを発見した。下に引用した掲示板によると、起源はポルトガルにあるとのこと。


旅行人 海外現地情報板
http://www.ryokojin.co.jp/mfb/main/01220215747.html

52 名前:ちゅーすけ 投稿日:2003/01/12(日) 10:29:45
気になったのが、人を呼ぶ時に口でプスプスとするやつ。わかります?
この方法って、僕の今住んでいるフィリピンでは一般的で男も女も使います。
確かこれってスペイン植民地時代の名残って聞いた事があるので、マカオもポルトガル植民地時代の名残かななんて思いました。

53 名前:テレジーニャ 投稿日:2003/01/12(日) 17:43:03
プスプスは、ポルトガルでもきいたことあります。こちらを向いていない遠くの人にプスプス言ってこちらに向かせます。

54 名前:ちゅーすけ 投稿日:2003/01/12(日) 19:08:06
プスプスはフィリピンは普通に使います。
マカオでは、コロネア島でバスを待っている時に、来たバスに乗っていいのどうかわからなかったら、乗客にプスプスと音を立てて、乗れみたいな感じで言われたのや、あとはリスボアの例の娼婦が後ろから僕にプスプスと音を立てて、誘ってきました。
でもリスボアの女ってほとんどが中国大陸から来ているはずなので、どうしてなんでしょうね・・・




ポルトガルの首都リスボンの立ちんぼも「ぷすぷす」と言うらしい
http://www.blackroadjp.com/blackroad/blog_top.asp?ID=1060#top

機内ではひたすらGPSの表示ばかり気にしていた。約1時間以上遅れてリスボンに到着。
・・・ホテルの玄関を出ると直ぐに何処からとなく「プスプス」と聞こえてくる。何だここは?「プータ」つまり“立ちんぼ”だらけである。



そういえば、リスボア(Lisboa)は、リスボンのポルトガル語つづりだった。

リスボン


頭のどこかに引っかかっていたものが、あっさり解決した。
もっと早く検索かけてみればよかった。

最近この「ぷすぷす」を言わなくなったのは、徐々にポルトガル時代の影響が薄くなってきているということなのかな。





関連記事
ベトネベートスカルプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。